診療科・各部門のご案内
泌尿器科

診療のご案内

 泌尿器科は尿路(腎臓~尿道)、生殖器(精巣、前立腺など)における悪性腫瘍の診療を担当しています。副腎腫瘍、腎腫瘍(腎癌、腎盂腫瘍、腎肉腫)、尿管腫瘍、膀胱腫瘍、尿膜管腫瘍、尿道腫瘍、前立腺癌、陰茎癌、精巣癌、後腹膜腫瘍など多岐にわたる疾患の診断、治療を行います。治療では内科的治療(抗癌剤等の薬物療法)および外科的治療(手術)を当科が担当し、放射線治療は放射線腫瘍科と連携して施行します。
 インフォームドコンセント(患者さんに正確な情報をわかりやすく提供し、ご理解いただいた上で納得のいく治療を選択していただく事)を診療の基本とし、ガイドライン(日本や国外の学会が現時点で最も優れているとされる治療を推奨したもの)に沿った標準的治療をより高いレベルで提供する事を心がけています。一方、一般の病院では対応が困難な治りにくい癌に対しては、標準的治療のみでは立ち向かえません。当院は多種多様な癌の専門医がおりますので、良い解決策を求め総合力で癌と闘います。このように個々の患者さんの状況に応じて、より良い診療、より患者さんに負担の少ない治療、QOL(生活の質)を大切にした治療を目指しています。

初期のがん:負担の少ない治療で機能をできるだけ温存しつつ完治を目指します。

  • 早期前立腺癌
    前立腺センターで対応します。
    ダビンチ手術および重粒子線治療を希望に沿って選択していただきます。
    ほぼ100%の10年疾患特異的生存率が期待できます。
  • 膀胱癌、腎臓癌、精巣癌
    早期であればどの疾患も完治が目指せます。
    少ない合併症、短い入院期間、不安の解消、術後の適切なフォローを提供します。

完治が難しいと判断される進行がん

  • できる限り完治を目指した治療法を探ります。
  • QOLを維持しながら穏やかに過ごせる日々が少しでも長く続くことを目指します。
    → いずれの場合でも個々の患者さんの要望に沿った診療を提供します。
  • 従来の治療では効果が得られない場合、選択可能であれば、臨床試験(将来的に有望と考えられる新しい治療の有効性を調べるための試験)にご参加していただく場合もあります。

受診の仕方

  • かかりつけの医療機関からの紹介状が必要です。
  • 人間ドッグや健康診断等で癌の疑いがある場合にも受診可能です。
    → 予約専用番号(045-520-2220)ほぼ1週間程度で予約が取れます。

セカンドオピニオン外来

 他の病院で癌の治療中の方で、専門的アドバイスを受けたい方が対象です。
 主治医の先生に紹介状を準備して頂き、その上で予約を取ってご利用ください(有料)。

再診

 予約より早めに受診したい場合は予約センターに電話で予約を入れてください。
 緊急時はその日のうちに診療いたします。

夜間、休日

 当直医(泌尿器科以外)の対応になりますが、重症時は泌尿器科医師も対応します。まず病院に電話連絡を入れて受診の相談をしてください。

診療予定表

  土日祝日
1診 岸田 手術日 岸田 岸田 手術日 かかりつけの方でがんのために体調が優れない場合、お電話ください。
当直医(泌尿器科ではありません)が対応し、必要性に応じて泌尿器科医が診療します。
2診 寺尾 寺尾 寺尾
3診 鈴木 近藤 鈴木
4診 長坂 小泉 小泉・近藤
セカンドオピニオン 鈴木 岸田・寺尾  
初診 月、水、木 午後1時から
当日の担当医が診療します。
臨時再来 お電話いただければいつでも診療します。
予約受付に連絡し予約を取ってください。
520-2220

スタッフ紹介(2021.4.1現在)

 当科は以下の7名の医師で診療しています。1人の医師が主治医として診療いたしますが、当科の診療指針に沿って全員が共通の認識で同じ質の診療を行います。それぞれの患者さんの病状をカンファランス(会議)で検討した上で治療方針を決定しますので、7人全員があなたの主治医として診療しているのと同じです。誰が主治医でも安心してお任せください。

診療医師名 認定資格
泌尿器科部長 岸田 健
泌尿器科部長
副院長
 岸田 健
 横浜市立大学医学部 昭和62年卒
日本泌尿器科学会 泌尿器科専門医・指導医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
日本泌尿器内視鏡学会 腹腔鏡技術認定医
泌尿器ロボット支援手術プロクター(指導医)
腎癌研究会 理事
日本泌尿器科学会 代議員
横浜市立大学医学部非常勤講師
泌尿器科医長 寺尾 秀行
泌尿器科医長
 寺尾 秀行
 横浜市立大学医学部 平成16年卒
日本泌尿器科学会 泌尿器科専門医・指導医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
日本泌尿器内視鏡学会 腹腔鏡手術認定医
泌尿器科医長 鈴木 孝尚
泌尿器科医長
 鈴木 孝尚
 浜松医科大学医学部 平成16年卒
日本泌尿器科学会 泌尿器科専門医・指導医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
泌尿器ロボット支援手術プロクター(指導医)
日本排尿機能学会 認定医
日本移植学会 認定医
日本臨床腎移植学会 認定医
日本透析医学会 専門医
泌尿器科医長 小泉 充之
泌尿器科医長
 小泉 充之
 東邦大学医学部 平成22年卒
日本泌尿器科学会 泌尿器科専門医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
泌尿器ロボット支援手術認定医
泌尿器科医長 長坂 拓学
泌尿器科医師
 長坂 拓学
 弘前大学医学部 平成30年卒
日本泌尿器科学会 会員
泌尿器科医長 西元 健
泌尿器科医師
 西元 健
 横浜市立大学医学部 平成31年卒
日本泌尿器科学会 会員
泌尿器科医長 近藤 拓也
泌尿器科レジデント
 近藤 拓也
 横浜市立大学医学部 平成24年卒
日本泌尿器科学会 泌尿器科専門医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
日本泌尿器内視鏡学会 腹腔鏡技術認定医
泌尿器ロボット支援手術認定医
泌尿器ロボット支援手術プロクター(指導医)
泌尿器科 非常勤医師 梅本 晋
泌尿器科 非常勤医師
 梅本 晋
 奈良県立医科大学 平成14年卒
日本泌尿器科学会 泌尿器科専門医・指導医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
日本泌尿器内視鏡学会 泌尿器腹腔鏡技術認定医
泌尿器科 非常勤医師 野口 剛
泌尿器科 非常勤医師
 野口 剛
 信州大学医学部 平成20年卒
日本泌尿器科学会 泌尿器科専門医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
日本泌尿器内視鏡学会 泌尿器腹腔鏡技術認定医

泌尿器科で取り扱う主ながんの診療について

前立腺癌

 高齢化とPSA健診の普及により、早期に発見できる癌が増えてきました。早期であれば十分完治が可能であり、手術、放射線治療を中心に治療を行います。また、進行した状態でも多くの場合、癌と共存し治療を続けながら普通の生活を続ける事が可能です。当院では多種多様な最先端の治療を導入しておりますので安心してお任せください。一昨年度より「前立腺センター」を立ち上げ、各種治療を各部門の連携により迅速、適切に診療できる体制を整えました。詳しくはホームページ(前立腺センター)をご参照ください。

  • 手術:ロボット支援前立腺全摘術
     前立腺内にがんが留まっている場合は前立腺全摘という手術が有効です。当科では従来腹腔鏡で行ってきましたが、3年前から「ダビンチ」と呼ばれる手術支援ロボットを導入しました。腹腔鏡手術は高度な技術を要しますがロボットの併用により、精密で合併症の少ない手術が可能となりました。当科では腹腔鏡手術認定医、ロボット手術プロクター医師(指導資格を持った医師)が複数在籍し、年間150例を超える手術を行っています。
  • 放射線治療:体外照射
     前立腺に癌がとどまっている場合、放射線腫瘍科との共同でIMRT(最新のピンポイント照射技術)を行ってまいりましたが、H27年12月からは重粒子線治療施設「i-ROCK」が稼動開始いたしました。本治療は少ない副作用で高い有効性を示し、当初は先進医療として承認されておりましたが、H30年4月より健康保険が使えるようになりました。詳しくはホームページ内の重粒子線治療の項をご覧ください。
  • 薬物療法:ホルモン療法+抗がん剤治療
     進行した前立腺癌でも、男性ホルモンを抑える治療(内分泌療法)によりほとんどの方で効果が得られます。この治療で完治は困難ですが、薬物療法を適切に使用する事によって長期にがんと共存することを目指します。抗がん剤(ドセタキセル)や新規ホルモン剤を早期から導入することにより進行癌でも長期生存(10年以上)されている方もいらっしゃいます。薬が効きにくくなった方には薬剤の変更により、できるだけ長く病気が抑えられるように工夫します。またラジウムという放射線同位元素を使った骨転移に対する新しい治療も行っています。生存期間の延長効果が証明されており、期待される治療のひとつです。さらに最近では癌の遺伝子の変化を調べることにより、一部の方では新薬が使えるようになりました。個々の患者さんの癌の特性に応じた個別化治療は今後の主流になっていくと考え積極的に行っています。

 このように前立腺癌の治療には様々な選択がありそれぞれに利点、欠点があります。前立腺センターでは複数の科、医師が担当し、患者さんと相談しながらより良い治療を選択していく体制を整えています。

腎癌

  • 手術
     完治のためには手術で癌を取りきる事が重要です。大きい腎癌に対しては、開腹手術を行います。20cm以上の巨大な癌でも手術により完治可能です。7cm程度までの癌には腹腔鏡下腎摘除術を導入し、出血量を減らし小さい傷の手術を行っています。小さい腫瘍であれば腎臓の正常部分を残し腫瘍のみを摘出する、腎部分切除を選択します。近年では部分切除も腹腔鏡手術で行われ、当院では昨年からロボット支援腹腔鏡手術を導入し、より安全に正確な切除が可能となりました。 一方転移がある方でもその部位が限定的であれば、他科(骨軟部腫瘍外科、呼吸器外科、消化器外科など)と連携し摘出を行い、癌の根治を目指します。
  • 薬物療法:分子標的薬治療と免疫チェックポイント阻害薬
     手術で取りきる事が不可能な状況では、薬物療法が治療の中心となります。腎癌に対する薬物治療はこの10年余りの間に飛躍的に進歩し、完治が困難でも長期に疾患を抑えられるようになってきました。
     分子標的薬
     我々が所属する横浜市大では以前から腎癌の発癌の仕組みを米国のグループと共同で研究し、国際的重要な報告をしてきました。この発癌の仕組みに基づいて開発されたのが分子標的薬です。現在日本では7種類が使用可能ですが、多様な副作用が出現しますのでそれを上手にコントロールし効果と副作用のバランスを取る事が治療の鍵です。当院では経験が豊富で治療に精通している医師と副作用対策に長じた看護師、薬剤師が協力して診療に当たりますのでより良い治療が提供できると考えています。
     免疫チェックポイント阻害薬
     数年前から「免疫チェックポイント阻害薬」が腎癌で導入されるようになりました。がんに対する免疫力を高める治療であり、これまでの治療薬以上の効果が得られる事が証明されています。一方複雑な副作用が出現する可能性がありますので、がん薬物療法に精通した医師、看護師、薬剤師により協同して副作用対策を行い、安全に治療を進められる体制を整えています。

膀胱癌

  • 手術
     経尿道的内視鏡手術膀胱全摘などの手術による完治を目指すとともに、再発を予防するための抗癌剤やBCG膀胱注入療法(免疫療法)を行っています。年齢や合併症などで膀胱全摘が出来ない方やどうしても膀胱を残したい患者さんのために、放射線治療を組み合わせた膀胱温存を目指す治療も行っています。膀胱全摘は負担の大きい手術ですが、当院では年間20件以上と、県内、国内でもトップクラスの経験がありますので、より安全で確実な手術が提供できると考えています。1昨年からはロボット支援手術による膀胱全摘術も行っており、より負担の少ない手術が提供できます。膀胱を摘出した後の排尿を従来通りに保つための新膀胱造設術も取り入れています。
  • 薬物療法
    GC療法
     転移があるなど進行した病状の方には、標準治療(現時点で最も有効性が高く、副作用の少ない治療)であるGemcitabin-Cisplatin療法を行っています。入院点滴による治療ですが、できるだけ入院期間を短くし、通常の生活が送れる時間を少しでも長く保てるように工夫しています。
    免疫チェックポイント阻害薬
     腎癌のオプジーボと同系統の免疫を高める薬である、ペンブロリズマブ(キイトルーダ®)」がGC療法の効果のない方に使えるようになりました。約2割の患者さんで効果が得られることが分かっています。また最近アベルマブ(バベンチオ®)がGC療法で病気の進行が落ち着いた方に使えるようになり、より長期に癌を抑えられるようになりました。

精巣腫瘍

  • 全国の中心施設として
     20~30歳台の若い年代に多い悪性腫瘍です。進行は早いのですが、初期のがんならほぼ100%治癒が可能です。転移があったとしても、抗癌剤治療の有効性が高いので完治を目指すことができます。しかし高度に進行した癌では治りにくい(=難治性)場合もあり、適切な治療が重要ですが、患者さんの数が少ないため経験の豊富な専門施設での治療が望ましいと考えられています。、当院では神奈川県や近隣の都府県から進行精巣癌の治療をご紹介いただいていますので、その患者数は全国でも有数です。す。難治性の患者さんを救う事は癌専門病院である当院の責務であり、時には1年以上かかる困難な治療になりますが、積極的に行っています。治療成功のためには、標準的治療(有効性が証明されている治療)の適切な導入に加え、新規抗がん剤や大量化学療法などの薬物治療、12時間以上に及ぶ大手術などの高度な診療が必要で、我々はこの難敵を克服するために患者さんとともに日々取り組んでいます。

終末期医療について

 ある一定の割合で、完治が望めない方がいらっしゃいます。そのような方でも希望を失わず癌と共存しながらより良い生活が送れるための医療を提供しています。
 患者さんが希望する限り癌と闘う治療の可能性を探る事は重要ですが、治療を最期まで続けることは本人のためにならないと判断される場合もあります。緩やかに路線変更する道を提案する事も癌の専門医として大切な事です。癌と闘う治療が難しくなったとしてもがんセンターでの診療が終わりになるわけではありません。より良い日々が送れるように、症状緩和に努め、地域の診療所や訪問看護ステーションとの連携を図り、ひとりひとりの癌患者さんが尊厳を失わずに暮らしていけるように支えていくことが我々の使命です。
 なお当院には緩和医療内科、緩和ケアチームがあり、この部門との連携により、より質の高い終末期医療が行える体制を整えています。

最近の主な手術件数

術式/年度 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019 2020
腎癌 全摘
開放手術
14 20 16 11 13 15 5 13 5 6 9 7 8 4

腹腔鏡
0 6 16 18 13 8 13 19 22 19 27 18 17 28
部分切除
開放手術
5 4 4 8 8 5 4 8 5 1 3 2 2 2

腹腔鏡
          3 3 1 6 12 13 20 0 3

ダビンチ
                        31 36
腎盂
尿管癌
開放手術 8 7 4 3 4 3 4 3 1 0 2 0 0 2
腹腔鏡 0 5 6 5 4 4 7 10 11 21 16 21 14 15
膀胱全摘
開腹
5 3 10 8 16 22 16 10 21 25 26 18 23 4

ダビンチ
                          11
前立腺全摘
開放手術
28 19 21 27 15 14 22 15 1 0 0 0 0 0

腹腔鏡
              10 62 53 56 36 0 0

ダビンチ
                      18 141 167
高位精巣摘除 7 10 9 5 11 10 10 6 7 9 19 11 16 14
後腹膜リンパ節郭清 0 5 2 6 3 4 6 7 4 1 7 6 5 12
副腎腫瘍 1 0 1 2 1 4 3 2 3 4 2 4 7 5
経尿道的
膀胱腫瘍切除
    134 110 111 141 127 140 165 172 151 121 145 142
後腹膜腫瘍
切除
1 2 1 5 2 2 2 2 2 1 9 10 4 5

前立腺癌に対する重粒子線治療件数

  2016 2017 2018 2019 2020
件数 113 156 168 312 365

診療科別特設ウェブサイト

  • 節電のご協力ありがとうございました
  • No Smoking
  • がんセンター外観