地域連携室

ご挨拶

患者さんへのメッセージ

  地域連携室では地域の医療機関と連絡を取り合って、患者さんが安心して切れ目のない診療を受けられるように、橋渡しの役割を担っています。当院への紹介を受けるだけでなく、紹介元やご自宅に近い病医院への紹介(逆紹介)も行っています。がん患者さんは、長い療養になりますので、安定しているときは自宅近くの「かかりつけ医」、専門的がん診療が必要な場合は「当院の担当医」が診療する、いわゆる『二人主治医制』を推進しています。お近くの「かかりつけ医」をお探しの際には、地域連携室がサポートしますので、お気軽にお声がけください。

副院長兼地域連携室長

岸田 健きしだ たけし

地域医療連携への取り組み

   二人主治医制の推進

地域医療連携の取り組みとして、「二人主治医制」をご提案させていただいています。「二人主治医制」とは、患者さま一人に対し、当院の医師と地域のかかりつけ医が互いに連携しながら共同で継続的に治療を行うことです。

二人主治医制の推進

医療機関の検索方法

がん診療連携登録施設・かかりつけ医を探す

一覧へ戻る

トップへ