臨床工学科

ご挨拶

患者さんへのメッセージ

診療で用いる電子医療機器の準備や保守点検を行う、臨床工学士が所属しています。臨床工学士とは、医療と工学の知識と技術を合わせもつ、最新の医療に不可欠な医療機器のスペシャリストです。麻酔器、人工呼吸器、血液透析機器や電気メスなど、あらゆる医療機器を日ごろから点検・管理し、手術支援ロボットのDa Vinciも最良の状態に保っています。患者さんに直接お会いする機会はあまりないですが、皆様が安心して診療を受けられるように、チーム医療に貢献しています。

臨床工学科について

臨床工学技士の主な業務として、

  1. 手術室・集中治療での麻酔器や人工呼吸器などの操作・保守点検業務
  2. 内視鏡下手術における補助業務
  3. 血液透析療法、血漿交換療法、血液吸着法などの血液浄化療法業務
  4. ペースメーカ点検業務
  5. 医療機器保守・点検業務 など

中でも臨床工学技士の代表的な業務として、最近話題の、手術支援ロボット ダヴィンチ業務をおこなっています。当院でのダヴィンチ手術は、泌尿器科(前立腺がん、腎臓がん)・消化器外科(直腸がん、胃がん)・婦人科(子宮がん)・呼吸器外科(肺がん)と様々な手術に対応しています。 ダヴィンチ手術とは、低侵襲技術を用い患者さんの負担が少ない腹腔鏡、胸腔鏡手術と同じように手術をします。身体にいくつかの小さな切開し、そこからカメラ、鉗子、メスといった機器を外科医のロボット操作によって行う最新の手術法です。 臨床工学技士は医師・看護師とチームを構成し、手術前の準備から手術終了後までロボット手術に関する管理を行っています。
医療機器においては、医療安全に関する医療安全情報提供や、機器に関する各種研修会・勉強会の開催を行っています。また専用テスターを所有し専門のスタッフによる医療機器安全整備点検を行っています

所有するテスター

模擬波形発生装置、バイタルサインシミュレーター、除細動器テスター、電気メステスター、呼吸器アナライザー、漏れ電流チェッカー、医療用テレメータ信号測定器、電気安全解析装置、輸液ポンプテスター、デジタル圧力計など

当科では、皆様が安心して手術を受けられるよう医療機器の安全性確保と有効性維持の担い手としてチーム医療に貢献しています。

一覧へ戻る

トップへ