糖尿病・内分泌内科

診療科からのお知らせ/コラムはありません。

ご挨拶

当院でがんの治療を受けられる患者さんの糖尿病・内分泌疾患の治療管理を行っています。当科への受診は院内紹介のみとなっております。受診をご希望の方は担当医へご相談ください。既にかかりつけの医療機関がある方は、診療情報提供書をお持ちください。当院での糖尿病・内分泌疾患の管理が安定した際にはかかりつけ医の先生へご紹介させていただいております。継続して糖尿病治療を行えるよう、地域の先生方とも連携し診療してまいります。

糖尿病・内分泌内科医長

室橋 祐子むろはし ゆうこ

診療科の特色

がん治療中は手術や化学療法(抗がん剤)の影響で血糖が上昇しやすくなります。一方で食欲低下や味覚障害による嗜好の変化なども出現し、がん治療と糖尿病治療の両立にはしばしば困難を伴います。患者さんのQOLを大事にしつつ、がん治療をスムーズに行えるよう糖尿病治療の提案を行っています。糖尿病の治療には大きく食事療法、運動療法、薬物療法があり、薬物療法には内服治療やインスリンなどの注射薬による治療があります。糖尿病の状態、がんの治療内容、生活環境等に合わせて治療内容を組み立てます。

また、糖尿病の他、内分泌疾患(下垂体、甲状腺、副腎など)も診療しています。がん治療に関連して内分泌(ホルモン)の異常が生じることがあり、それらの診断・治療を行っています。

診療疾患

  • 糖尿病(1型、2型、二次性)
  • 内分泌疾患(下垂体、甲状腺、副腎など)

むろはし ゆうこ

室橋 祐子

医長

卒業年次:平成22年卒

卒業大学:日本大学医学部

【専門医/認定医】

・日本内科学会 総合内科専門医 ・日本糖尿病学会 糖尿病専門医

診療科等 外来
糖尿病・内分泌内科 C 室橋祐子 室橋祐子 室橋祐子 室橋祐子 室橋祐子

一覧へ戻る

トップへ