呼吸器外科

診療科からのお知らせ/コラムはありません。

ご挨拶

伊藤医師

呼吸器外科は、肺がんや転移性肺腫瘍、縦隔腫瘍など胸部腫瘍性疾患の手術治療を担当しています。患者さんの状況に応じた最適で安全な、良質な診療を提供することが当科の使命と考え、手術技術と知識向上に日々努力し、他職種とも密接な連携を取っています。手術数は日本有数であり、技量においても日本最高水準にあると自負しています。患者さんに安心して手術を受けられるよう、私たちの持てるすべての技術と知識をもって診療にあたります。

呼吸器外科部長

伊藤 宏之いとう ひろゆき

診療科の特色

がん治療の進歩の中で、手術は薬物、放射線と並ぶ最も有効な治療手段の1つです。がんの進行状況と患者さんの状態に応じて治療方法は決定されますが、呼吸器内科・放射線治療科・病理診断科と呼吸器グループを形成し、横の連携を密にしつつ、ここでのキャンサーボードで全患者さんの治療方針を決定しています。

当科ではチーム体制で診療しています。刻々と変化する患者さんの臨床情報をチーム全員で共有し、経験と知識を持ち寄り、最善の対応策を実行しています。術式は、がんの拡がりや性格、患者さんの身体・社会状況に応じて、「がんの完全切除(=がんの根治)」と「支障ない術後生活(=QOLの重視)」を常に踏まえ、個々の患者さんに最適な治療方針を提示しています。最近では、小さな傷だけで済む胸腔鏡手術やロボット支援下手術を積極的に行っていますので、肺葉切除でも5~6日で退院されています。また病変の広がりが大きい場合でも、薬物・放射線治療を術前に施行することや、血管や気管支形成術を行って、片肺全摘を回避しています。他院で手術不能された場合でも、豊富ながん治療経験を活かし、根治できたことも数多くあります。セカンドオピニオンも常時受け付けていますので、ご活用ください。

診療疾患

        • 肺がん及び肺がん疑い病変(神経内分泌腫瘍含む)
        • 転移性肺腫瘍
        • 縦隔腫瘍(胸腺腫,胸腺がん,胚細胞腫瘍など)
        • 悪性胸膜中皮腫
        • 体幹の肉腫
        • 胸部のSMARCA4欠損腫瘍
がん情報サービスバナー大
伊藤 宏之

いとう ひろゆき

伊藤 宏之

部長

卒業年次:平成5年卒

卒業大学:横浜市立大学

【専門医/認定医】

・日本外科学会 外科専門医 ・呼吸器外科専門医合同委員会 呼吸器外科専門医 ・日本外科学会 外科指導医 ・日本外科感染症学会 ICD ・日本胸部外科学会 認定医

足立 広幸

あだち ひろゆき

足立 広幸

医長

卒業年次:平成14年卒

卒業大学:横浜市立大学

【専門医/認定医】

・日本外科学会 外科専門医 ・呼吸器外科専門医合同委員会 呼吸器外科専門医 ・日本呼吸器内視鏡学会 気管支鏡専門医 ・日本癌治療認定医機構 がん治療認定医 ・日本肺癌CT検診機構 肺癌CT検診認定医 ・日本外科学会 外科指導医 ・日本呼吸器内視鏡学会 気管支鏡指導医 ・日本呼吸器外科学会 胸腔鏡安全技術認定医

伊坂 哲哉

いさか てつや

伊坂 哲哉

医長

卒業年次:平成19年卒

卒業大学:愛媛大学

【専門医/認定医】

・日本外科学会 外科専門医 ・日本呼吸器外科学会 呼吸器外科専門医 ・日本外科学会 外科指導医 ・日本癌治療認定医機構 がん治療認定医

村上 浩太郎

むらかみ こうたろう

村上 浩太郎

医師

三浦 隼

みうら じゅん

三浦 隼

任期付常勤医

卒業年次:平成27年卒

卒業大学:金沢医科大学医学部

【専門医/認定医】

・日本外科学会 外科専門医

菊西啓雄

きくにし のりたけ

菊西 啓雄

任期付常勤医

卒業年次:平成28年卒

卒業大学:筑波大学

専門領域:呼吸器外科

診療科等 外来
呼吸器外科 A 伊藤宏之
村上浩太朗

伊坂哲哉

足立広幸

共通(AM)

伊藤宏之

三浦隼

手術件数

2020年(2020年1月-12月)

総手術件数 464件
疾患別内訳
原発性肺がん 306件
片肺全摘 1件
肺葉切除 183件(うち気管支形成15件,血管形成12件)
区域切除 56件
部分切除など 67件
転移性肺腫瘍 57件
縦隔腫瘍 19件 (大血管置換3件)
良性腫瘍や心嚢ドレナージ,生検など 82件

 *呼吸器内科・外科の診療実績は、呼吸器グループウェブサイトでご覧いただけます。

呼吸器グループウェブサイト

2020年(2020年1月-12月)

CheckMate77T phase3 切除可能なII〜IIIB 期の非小細胞肺癌患者を対象に、術前補助療法として化学療法及びニボルマブ又はプラセボ投 与後、外科的切除を施行後に術後補助療法としてニボルマブ又はプラセボを比較するランダム化二重盲検第III 相試験. 術前補助療法としてニボルマブ+プラチナ製剤を含む2剤併用化学療法の併用,その後,ニボルマブによる術後補助療法 を実施する.
Keynote671(フリーワード検索 MK-3475- 671) phase3 IIB期又はIIIA期の切除可能非小細胞肺癌患者に対する周術期療法としてMK-3475併用又は非併用のプラチナ製剤併 用化学療法を比較する試験. 非小細胞肺癌で臨床病期IIA-IIIAに対して,術前化学療法としてプラチナダブレッ トもしくキイトルーダ+プラチナダブレットを4コース行い(盲検),予定手術を行う.術後補助化学療法はプ ラセボもしくはキイトルーダを13コース投与する.
Potential phase2 再発高リスク臨床病期Ⅰ期非小細胞肺癌に対する術前Nivolumab療法の安全性・有効性探索試験. 非小細胞肺癌で臨床病期Iに対して(腫瘍充実径2cmを超える)に対して,ニボルマブ3コースを行い,予定手術を行う.EGFR遺伝子変異陽性は対象外となる.
MERMAID-1 phase3 完全切除を行ったII~III期のNSCLC患者において術後補助療法として デュルバルマブを白金製剤を含む化学療法と 併用した場合の有効性を検討する 第III相無作為化プラセボ対照二重盲検多施設共同試験 完全切除された臨床病期 II,III期非小細胞肺癌に対して術後補助化学療法をプラチナ ダブレットにイミフィンジもしくはプラセボを投与 する.術前後の血中浮遊腫瘍細胞 有無を割り付け因子とする.
NeoADAURA phase3 上皮成長因子受容体(EGFR)変異陽性・切除可能非小細胞肺癌患者の術前補助療法におけるオシメルチニブ単剤又 は化学療法との併用を標準化学療法単独と比較する第III 相無作為化多施設国際共同3 群比較試験. 非小細胞肺癌 で,臨床病期II-IIIB期肺癌でEGFR遺伝子変異陽性を対象として,プラチナダブレット+プラセボ群(3コース)、 プラチナダブレット+オシメルチニブ群(3コース)、又はオシメルチニブ単剤群(9週間)を盲検/非盲検として投 与を行い,予定手術を行う.
BO40336 phase3 IB(腫瘍径4cm以上)~IIIA期の未分化リンパ腫キナーゼ(ALK)陽性非小細胞肺癌の完全切除患者を対象に,術後補 助療法におけるアレクチニブとプラチナ製剤併用化学療法の有効性及び安全性を比較する第III相非盲検ランダム化試 験. 完全切除された非小細胞肺癌で病理病期IB-IIIAかつALK融合遺伝子陽性例に対して,術後補助療法としてアレセ ンサ2年間内服もしくはプラチナ製剤併用化学療法4サイクルの投与を行う(非盲検).
CANOPY-A phase3 AJCC/UICC第8版ステージII-IIIA及びIIIB(最大腫瘍径5cm超,リンパ節転移N2)NSCLCの完全切除を受けた成人患者を 対象に術後補助療法としてのカナキヌマブの有効性及び安全性試験. 完全切除された非小細胞肺癌で病理病期IIA- IIIB(N3除外)に対して,術後治療とし てプラチナダブレット2コース以上投与を行ったのち,カナキヌマブとプ ラセボ投与 の二重盲検試験を行う.
トパーズRCT2 phase3 肺切除後肺瘻に対するデジタルモニタリング胸腔ドレナージ法の至適胸腔内圧の検証:多施設共同無作為化比較試 験
トパーズRCT3 phase3 肺切除後肺瘻のない患者に対する胸水排液量によらない胸腔ドレーン抜去の有用性・安全性の検証:多施設共同無 作為化比較試験
NEJ034 phase3 特発性肺線維症(IPF)合併非小細胞肺癌に対する周術期ピルフェニドン療法の術後急性増悪抑制効果に関する第Ⅲ 相試験
JCOG0802/WJOG4607L phase2 呼吸器悪性腫瘍に対する外科切除を含む標準的治療の確立。肺野末梢小型非小細胞肺癌に対する肺葉切除と縮小切 除(区域切除)の第III相試験
JCOG0804/WJOG4507L phase2 呼吸器悪性腫瘍に対する外科切除を含む標準的治療の確立。胸部薄切CT所見に基づく肺野型早期肺癌に対する縮 小切除の第II相試験
JCOG1211 phase2 呼吸器悪性腫瘍に対する外科切除を含む標準的治療の確立。胸部薄切CT 所見に基づくすりガラス影優位のcT1N0 肺 癌に対する区域切除の非ランダム化検証的試験
JCOG1205/1206 phase3 呼吸器悪性腫瘍に対する外科切除を含む標準的治療の確立。高悪性度神経内分泌肺癌完全切除例に対するイリノテ カン+シスプラチン療法とエトポシド+シスプラチン療法のランダム化比較試験
JCOG1413 phase3 臨床病期I/II期非小細胞肺癌に対する選択的リンパ節郭清の治療的意義に関するランダム化比較
JCOG1708 phase3 特発性肺線維症合併臨床病期I期非小細胞肺癌に対する肺縮小手術に関するランダム化比較第III相試験
JCOG1807C phase2 肺尖部胸壁浸潤癌に対する化学放射線療法後の術前後デュルバルマブもしくはデュルバルマブ維持療法を併用した 集学的治療に関する非ランダム化試験
JCOG1906 phase2 胸部薄切CT所見に基づく早期肺癌に対する経過観察の単群検証的試験
JCOG1909 phase3 肺葉切除高リスク臨床病期IA期非小細胞肺癌に対する区域切除と楔状切除のランダム化比較試験
JCOG1916 phase3 病理学的N2非小細胞肺癌に対する術後放射線治療に関するランダム化比較第III相試験

一覧へ戻る

トップへ