がんワクチン・免疫センター

ご挨拶

ご案内

当センターは、がんワクチン療法をはじめとした新しいがん免疫療法に関する臨床試験(治験)・診療を行うことを目的として、2014年4月1日に開設されました。
がん免疫療法は100年以上前より非特異的免疫療法として行われてきました。さらに、1990年頃より生体内でがん細胞を特異的に攻撃する細胞傷害性Tリンパ球が認識するがん抗原遺伝子(ペプチド)が多数同定され、治療を目的としたがんペプチドワクチンなどの特異的がん免疫療法が臨床試験として実施されるようになっています。
当センターが開設されるまでは、がんワクチン療法などの臨床試験(治験)を各診療科で個別に行って参りましたが、当センターの開設により、専属のスタッフが患者さんからのお問い合わせにスムーズに回答できる体制を整えております。新しいがん免疫療法の臨床試験(治験)や診療にご興味のある方は、以下のリンクよりお問い合わせください。
なお、臨床試験・治験にご参加いただくには、患者さんのご病状や治療状況を含めた条件がございます。必ずしもすべての患者さんがご参加いただけるわけではございませんので、ご了承ください。

がん免疫療法とは

がん免疫療法は私たちの体に備わっている"異物を排除しようとする力"(免疫力)を増強することによって、がん細胞の増殖を抑える治療法です。がん患者が年々増加傾向にある中で、がん免疫療法は現在広く行われている外科療法、化学療法、放射線療法に続き"第4のがん治療"として注目されています。現在、免疫チェックポイント阻害薬などのがん免疫療法がいろいろながんに対する治療法として使用されるようになっていますが、治療適応となる患者さんも限られるなど問題点もあります。従って、より多くの患者さんの治療に貢献できるように、新しいがん免疫療法の開発が期待されています。
たとえば、がん免疫療法の一つにがんワクチン療法があります。がんワクチン療法は、がん細胞に特異的に(もしくは正常細胞に比べて過剰に)発現する遺伝子や蛋白質(がん抗原)、その断片であるペプチドを投与することで、生体内にがん細胞を特異的に攻撃するTリンパ球を誘導して治療する手法です。当センターでは、がんワクチン療法や遺伝子改変したリンパ球の移入療法など、科学的根拠に基づいた新しいがん免疫療法の開発を目指しています。

用語解説

がん免疫

免疫は、ウイルスや細菌などに対する生体の防御反応として知られています。また、正常細胞とは異なるがん細胞を識別して死滅させることにより体を守る作用があると考えられ、「がん免疫」と呼ばれています。
免疫の力を強化し、がんへの攻撃力を強める治療法が「がん免疫療法」と呼ばれています。

臨床試験

病気に対する新しい薬や治療・診断法の安全性を調べるために行う試験全般を言います。

治験(医師主導治験)

治験とは、『医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律』に基づき、医薬品および再生医療等製品等の製造販売に感るす承認申請のための資料収集を目的として行われ、医薬品医療機器総合機構(PMDA)への治験届提出を要する臨床試験のことです。
医師主導治験は、医師自らが治験を企画・立案し、治験計画届を提出して行う治験です。従来の治験は製薬企業の主導で行われてきましたが、平成15年の薬事法改正により、医師主導治験が可能になりました。改正以前は、医薬品として有望であっても、開発費用に見合うだけの市場性やリスク面が整わない場合には、製薬企業などが治験に乗り出せない場合もありました。このため、大学などの研究機関が、医療現場でニーズの高い医薬品や再生医療等製品を研究開発した場合でも、企業にとって採算が取れない製品の開発は進みづらい状況にありました。医師自ら治験を実施することは制度上可能とすることで、企業のみでは臨床開発が進みづらい医薬品や医療機器でも、薬事承認取得を目指すことが可能となりました。

笹田 哲朗

ささだ てつろう

笹田 哲朗

部長

卒業年次:昭和62年卒 / 平成9年修

卒業大学:京都大学 / 京都大学大学院

専門領域:がんワクチンセンター

【専門医/認定医】

・日本外科学会 認定登録医 ・日本消化器外科学会 消化器がん外科治療認定医 ・日本消化器外科学会 消化器外科認定登録医

ひむろ ひでとも

氷室 秀知

医長

卒業年次:平成25年卒 / 平成30年修

卒業大学:久留米大学 / 久留米大学大学院

専門領域:がんワクチンセンター

【専門医/認定医】

・日本医学放射線学会 放射線科専門医

がんワクチン療法をはじめがん免疫療法の多くは、まだ薬として承認されておらず、承認のためには臨床試験・治験を通じて効果や副作用を検証しなければなりません。そのため、次に掲げる難治がんに対するがんワクチン療法の医師主導治験・臨床試験を実施しています。

進行・再発膵がんに対する医師主導治験 2016年3月31日登録終了
進行再発食道がんに対する臨床試験 2016年9月1日登録終了
切除不能進行膵がんに対する臨床試験 2018年3月22日登録終了
再燃前立腺がんに対する先進医療B 2017年5月31日登録終了
進行食道がん・大腸がんに対する医師主導治験 2016年9月1日登録終了
再発難治性食道がん
・肉腫に対するT細胞受容体(TCR)遺伝子導入Tリンパ球療法
2018年7月31日登録終了
肺がん術後ペプチドワクチンの治験 2020年5月22日登録終了
再発難治性食道がん
・肉腫に対するT細胞受容体(TCR)遺伝子導入Tリンパ球療法
2018年7月31日登録終了
標準療法不応進行膵がんに対する樹状細胞療法医師主導治験 2022年3月31日現在募集中

一覧へ戻る

トップへ