診療科・各部門のご案内
呼吸器内科・呼吸器外科

ごあいさつ

 当院は神奈川県唯一のがん専門病院として、多くの患者さんの診療に携わっております。肺がん診療は、診断と治療の二つからなっています。肺癌の画像診断は難しく、高精細CT画像を判断する深い技術と経験が必要です。当院では診断において積極的に高精細CT検査を行っています。また私たちは、肺がん検診による地域での肺がん発見向上に努めています。治療においても、開設当初より多くの臨床試験や治験に参加し、数多くの良好な治療成績を報告しています。
 当科の特徴は、CT画像検査からはじまり、治療方針の決定まで、メンバーで綿密に相談し方針をたて、治療をスピーディーに開始している点にあります。呼吸器内科・呼吸器外科・放射線治療科(エックス線・重粒子線)・病理診断科が緊密に連携しており、ワンチームとして各々の患者さんに最適な医療を実践しています。また新規に開発された薬剤や治療方法など、多くの治験や臨床試験を積極的に行っており、患者さんにとっては、幅広い選択肢から治療を選べる利点があります。すべての治療内容の説明を聞いてから納得された治療を受けることができます。
 すべての患者さんに最適・最善の治療が受けられるように、そして世界の肺がん治療の進歩に貢献すべく、患者さんファーストで診療に邁進する所存であります。どうぞよろしくお願い申し上げます。

神奈川県立がんセンター 呼吸器内科部長 齋藤 春洋
呼吸器外科部長 伊藤 宏之

1.呼吸器科(内科・外科)への受診を考えていらっしゃいます患者さんへ

 肺がん治療は、めざましい速さで進歩しています。そのような中で、神奈川県立がんセンター呼吸器科では様々な患者さんを受け入れています。健康診断やがん検診で発見された肺の陰影の診断から、手術や放射線・薬物療法などの治療方針の決定・実施までの全てを連続的に行っており、スピーディーな診断と早い治療開始を心がけています。
 肺がんのCT検査では、病変を拡大し精細に描出できる高精細CT画像を撮影し、診断します。肺がんの画像診断は時に非常に難しく、経験の浅い医師には荷が重い場合もあります。しかし当科の長い経験に裏打ちされた画像診断方法により、小さい陰影や肺がんかどうか診断が難しい陰影の診断が可能になり、さらに複数の専門医がチェックする体制を敷いています。
 また、一言で肺がんといっても、その性質や病状は患者さんごとで異なります。そのため、治療方針を決定するにあたっては、がん遺伝子や薬物療法の選択に必要な情報(バイオマーカー)を十分に調べ、それらの情報をもとに患者さんに最適な治療内容を提案しています。対象となる患者さんには、より高度ながん遺伝子検索であるLC-SCRUM(エル・シー・スクラム)検査やゲノムプロファイリング検査を行い、がんの性質に応じた最適な治療選択(プレシジョン・メディシン)が行える体制も整えています。
 治療内容の提案・決定においては、患者さんの今後の生活やご希望も考慮し、患者さん・ご家族と十分に話しあいながら行っております。
 治療を行う際には、ガイドラインに基づいた最新の標準治療はもちろんのこと、多くの治験・臨床試験治療を行っており、治療選択肢が多いのが特徴です。新薬(未承認薬)を用いた治験に参加して治療を受ける患者さんも多く、免疫チェックポイント阻害剤やドライバー変異を有する患者さんに対して用いる分子標的薬、あるいは、難治がんでは種々のメカニズムでがんを抑制する薬を用いた治療などを実施しています。
 薬物療法を担当する呼吸器内科の他に、手術を行う呼吸器外科、放射線治療と重粒子線治療を行う放射線科、診断を行う病理診断科が密に連携し、チーム医療を実践しています。呼吸器外科では、肺癌の手術件数が日本でもトップクラスであり、高齢者の手術も積極的に行っております。放射線治療においても、診断後スピーディーに治療を開始しています。また当院には重粒子センターがあり、重粒子治療ができる環境も整備しています。
 当院では、がん治療をサポートするがん治療認定看護師や薬剤師・治験や臨床試験をサポートする新規治療開発支援センター・患者さんの生活を支援するアピアランスセンターや患者支援センター・ゲノム診療センターなど、がん専門病院ならではの、患者支援のための協力体制が充実しているのも特徴です。
 当科の医師はがん専門医で構成され、多くの治療実績を積んでいます。肺がんの診断や治療でお困りのことがありましたら、是非ご相談ください。また肺周囲の臓器の稀な悪性疾患の治療経験も豊富ですので、こちらに関してもお役に立てると自負しております。

 *呼吸器内科・外科の診療実績は、呼吸器グループウェブサイトでご覧いただけます。

呼吸器グループウェブサイト

2.クリニック・病院の先生方へ

 当科は、地域のクリニックや病院で行われている肺がん検診の胸部X線読影のサポートを行っております。この検診により、これまでも多くの肺癌をみつけ診断し、治療につなげることができています。これからも当科スタッフ一同、先生方とともに、肺癌の早期発見・早期治療を目指して活動を行っていく所存ですので、よろしくお願い申し上げます。
 先生方におかれましては、肺がんかもしれない、肺がんの治療にお困りの症例がございましたら、遠慮なくご連絡ください。また肺がんの治療中や治療を終えられた患者さんも、二人主治医制度(かかりつけ医とがんセンター医師)のもとしっかりと診療していく体制も整えています。

3.呼吸器科での研修を検討されています先生方へ

 当院には2年間のレジデント制度があり、経験年数を問わず、肺がん治療の勉強をしたい方への教育指導を行っています。レジデント以外にも、週1回程度あるいは短期間の研修教育も行っています。
 当院の特徴は、多彩で豊富な肺がん症例が経験できることです。当科で臨床経験を積むことで、肺がんの診断から治療の全体に精通できるようになれます。経験豊富な専門医師が在籍しており、治験や臨床研究のノウハウ、肺がんのCT画像診断、超音波気管支内視鏡等のいずれの分野でも、専門性の高い経験が積めるよう指導いたします。
 当科では、臨床試験や治験などへの登録患者数が全国でも有数であり、これまで多数の国際学会で発表を行っております。Lancet Oncologyや Journal of Clinical Oncology, NEJM、Lung cancer などの一流医学雑誌の論文著者も輩出している実績もあり、学会発表や論文の書き方も指導いたします。肺がんの診断・治療に興味のある先生方は、是非ご相談ください。

 *詳細は、呼吸器グループウェブサイトの研修生・レジデント募集の項も御覧ください。

呼吸器グループウェブサイト

スタッフ紹介(2021.4.1現在)

診療医師名 認定資格
呼吸器内科部長
 齋藤 春洋
 横浜市立大学医学部 昭和和63年卒
 横浜市立大学大学院 平成8年修
日本内科学会 認定内科医
日本呼吸器学会 呼吸器専門医・指導医
日本呼吸器内視鏡学会 気管支鏡専門医・指導医
日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医・指導医
日本アレルギー学会 アレルギー専門医
日本感染症学会 ICD
日本癌治療認定医機構 がん治療認定医
呼吸器内科医長
 加藤 晃史
 京都大学医学部 平成3年卒
日本内科学会 総合内科専門医
日本呼吸器学会 呼吸器専門医・指導医
日本癌治療認定医機構 がん治療認定医
日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医・指導医
呼吸器内科医長
 近藤 哲郎
 島根医科大学 平成8年卒
日本内科学会 認定内科医
日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医・指導医
日本呼吸器内視鏡学会 気管支鏡専門医
日本癌治療認定医機構 がん治療認定医
日本呼吸器学会 呼吸器専門医
呼吸器内科医長
 村上 修司
 横浜市立大学医学部 平成14年卒
 横浜市立大学大学院 平成21年修
日本内科学会 認定内科医
日本呼吸器内視鏡学会 気管支鏡専門医
日本癌治療認定医機構 がん治療認定医
日本呼吸器学会 呼吸器専門医・指導医
日本感染症学会 ICD
呼吸器内科医長
 牛尾 良太
 東北大学医学部 平成23年卒
 横浜市立大学大学院 平成29年修
日本内科学会 認定内科医
日本呼吸器学会 呼吸器専門医
日本呼吸器内視鏡学会 気管支鏡専門医
日本感染症学会 ICD
呼吸器内科医師
 片倉 誠悟
 横浜市立大学医学部 平成24年卒
 横浜市立大学大学院 令和3年修
日本内科学会 認定内科医
日本呼吸器学会 呼吸器専門医
日本癌治療認定医機構 がん治療認定医
呼吸器内科医師
 品田 佳那子
 聖マリアンナ医科大学 平成25年卒
日本内科学会 認定内科医
日本呼吸器学会 呼吸器専門医
 
 
総長
 中山 治彦
 群馬大学医学部 昭和57年卒
日本外科学会 外科専門医・指導医
日本呼吸器外科学会 呼吸器外科指導医
呼吸器外科専門医合同委員会 呼吸器外科専門医
日本胸部外科学会指導医
 
呼吸器外科部長
 伊藤 宏之
 横浜市立大学医学部 平成5年卒
日本外科学会 外科専門医・指導医
呼吸器外科専門医合同委員会 呼吸器外科専門医
日本外科感染症学会 ICD
日本胸部外科学会認定医
呼吸器外科医長
 足立 広幸
 横浜市立大学 平成14年卒
日本外科学会 専門医・指導医
呼吸器外科専門医
気管支鏡専門医・指導医
呼吸器外科医長
 伊坂 哲哉
 愛媛大学医学部 平成19年卒
日本外科学会 外科専門医・指導医
日本呼吸器外科学会 呼吸器外科専門医
日本癌治療認定医機構 がん治療認定医
呼吸器外科医師
 重福 俊祐
 東京医科大学 平成25年卒
日本外科学会 外科専門医
呼吸器外科医師
 菊池 章友
 横浜市立大学医学部 平成23年卒
日本外科学会 外科専門医

診療科別特設ウェブサイト

  • 節電のご協力ありがとうございました
  • No Smoking
  • がんセンター外観