漢方サポートセンター

ご挨拶

漢方サポートセンター

漢方サポートセンターは2014年4月に開設されました。がんの治療中の方に対して漢方による症状緩和・副作用の軽減を行うことを目的としています。

診療科の特色

漢方サポートセンターについて

ご案内

漢方サポートセンターは2014年4月に開設されました。がんの治療中の方に対して漢方による症状緩和・副作用の軽減を行うことを目的としています。

受診方法

 以下の方が受診対象になります。

  • 院内(がんセンター)の各科から紹介された方
  • 他院で治療中であり、担当医が漢方治療に同意している方
  • がん患者さんのお世話をされている親族等で体調を崩している方

※ 受診の際には、問診票をご記入の上、持参していただくと受付が早く済みます。

「漢方サポートセンター 外来問診票(1)(2)」用紙のダウンロード(PDF)

詳しくは下記にお問合せ下さい。

患者支援センター(漢方専用)
電話番号 045-520-2228
受付時間 平日 9:00~16:00

漢方サポートセンターQ&A

  • 他院でがん治療を受けていても、漢方外来だけ受診できるのか

    受診していただけます。受診は予約制ですので、患者さんから電話で予約をお願いします。

  • 漢方の処方は健康保険が効くのか?

    当院の漢方処方は煎じ薬を含め保険診療です。鍼灸治療は自費診療となります。

  • 他院で緩和ケアのために痛み止めなどの処方を受けています。併せて漢方薬治療を受けたいが、受診が可能か?

    緩和ケアのために処方されている痛み止めなどの薬と漢方薬の併用は可能ですので、受診していただけます。

  • 漢方だけでなく、がんセンターに転院して抗がん剤治療や緩和ケアの治療を受けたい。

    漢方サポートセンターは入院病棟を持たないため、抗がん剤治療や緩和ケアの治療は、もともとおかかりの病院で受けていただくようにお願いしています。

  • 他院で抗がん剤治療や放射線治療を受けながら、神奈川県立がんセンターの漢方外来で処方を受けている。体調不良があった場合、神奈川県立がんセンターに入院できるか

    漢方の診療は外来対応のみです。入院希望があったとしても当院で対応することができません。抗がん剤治療や放射線治療を行っている病院にご相談ください。

  • 漢方で癌を治してもらいたい。

    がん診療における漢方の位置づけはあくまで「サポート」であり支持療法です。根治を目指しての治療について、効果を示す根拠となるデータはありません。

  • 他院で緩和ケアを受けながら、神奈川県立がんセンターの漢方外来で処方を受けている。体調不良があった場合、神奈川県立がんセンターに入院できるか

    漢方の診療は外来対応のみです。入院希望があったとしても当院で対応することができません。緩和ケアの処方をうけていらっしゃる病院にご相談ください。

板倉 英俊

いたくら ひでとし

板倉 英俊

部長

卒業年次:平成11年卒

卒業大学:東邦大学

専門領域:漢方サポートセンター

【専門医/認定医】

・日本東洋医学会 漢方専門医 ・日本東洋医学会 漢方指導医 ・日本内科学会 認定内科医

いとう ともひろ

伊東 友弘

非常勤医師

卒業年次:平成7年卒

卒業大学:昭和大学

専門領域:漢方サポートセンター

【専門医/認定医】

・日本東洋医学会 漢方専門医 ・日本内科学会 総合内科専門医 ・日本消化器病学会 消化器病専門医 ・日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医 ・日本肝臓学会  肝臓専門医 ・日本臨床腫瘍学会  がん薬物療法専門医 ・日本がん治療認定医機構 がん治療認定医

せりざわ けいこ

芹澤 敬子

非常勤医師

卒業年次:平成14年卒

卒業大学:富山医科薬科大学

専門領域:漢方サポートセンター

【専門医/認定医】

・日本東洋医学会 漢方認定医

ほしの ただし

星野 直志

東洋医学科非常勤鍼灸師

専門領域:鍼灸全般

【専門医/認定医】

・はり師・きゅう師

診療科等 外来
漢方サポート外来 A

板倉英俊

星野直志(AM:鍼灸外来)
伊東友弘(PM)
板倉英俊

板倉英俊

板倉英俊

芹澤(AM)/星野(PM:鍼灸外来)
板倉英俊

一覧へ戻る

診療科・部門・センターDepartment

がん情報
臨床研究所
神奈川県立がんセンター動画チャンネル

神奈川県立病院機構公式FaceBook

トップへ