患者ご家族のみなさまへ

患者さんの権利と責務

患者さんの権利

  • 誰でも平等に良質な医療を受ける権利があります。
  • いかなる場合でも、人格を尊重され、尊厳を保障される権利があります。
  • 病気や検査・治療について、わかりやすく、十分な説明を受ける権利があります。
  • 検査・治療について、自分の意思で選択する権利があります。
  • 他の医療機関の医師の意見(セカンド・オピニオン)を求める権利があります。
  • 自己の診療情報の開示を求める権利があります。
  • 個人情報が保護される権利があります。

患者さんの責務

  • 適切な医療を提供するためには、患者さん御自身の健康に関する情報が必要です。
    そのため、これらの情報を医療者にできるだけ正確に伝えてください。
  • 患者さん自らが積極的に医療に参加してください。
    そのためには、医療者に質問するなどして、医療の内容について十分理解し、納得したうえで、検査や治療方法等を患者さん御自身の意思で選択してください。
  • より良い療養環境を維持するため、院内の規律をお守りください。
    また、療養上の指示に従うとともに、他の患者さんの治療や病院職員の業務の遂行に支障が生じないよう協力してください。

患者さんの病気に関する説明と同意について

インフォームド・コンセントとは、十分な説明を受け納得したうえで、患者さん自身に最終的な診療方針を選択していただくことです。当センターでは、インフォームド・コンセントを基本理念の一つとして位置づけています。患者さんの病気の診断や治療に必要な検査や治療法について説明し、患者さんの意思を十分確認したうえで納得いく診療を提供できるよう努めています。
医師の説明がよく理解できない場合には納得できるまでお尋ねください。もし、納得できない場合には、他の病院や他の医師に意見を求める(セカンド・オピニオン)ことをお勧めします。十分に理解・納得をいただきましたら、その処置や治療についての同意書に署名をお願いします。

1. 診療情報の具体的な説明について

ア 医師は、原則として、診療中の患者さんについての、次に掲げる事項等について説明します。

1) 現在の症状及び診断病名
2) 治療の方針
3) 行う予定の治療法について

  • 行う予定の検査について、その効果と具体的な方法及び特に注意を要する副作用
  • 手術や侵襲的な検査を行う場合には、その概要、危険性、合併症、実施しない場合の病状予測
  • 臨床試験や研究などの治療以外の目的も有する場合には、その内容

4) 他の治療法がある場合には、その内容及び利害得失
5) 今後の見通し(予後)

イ 患者さんが未成年あるいは認知症等で判断能力がないと考えられる場合には、診療中の診療情報の提 
供については御家族および適切な代理人に対して行います。

2.同意について

病気に関する検査・処置や治療の説明を受け、十分に理解し、納得いただけましたら、同意書に署名をお願いします。

個人情報の保護について

当センターでは、「神奈川県個人情報保護条例」(平成2年3月施行)に基づき、その取り扱いには細心の注意を払っています。また、「県立病院における診療情報の提供に関する指針」に基づき、医療を提供する上で必要な範囲内において、他の機関に対して以下の事務に関して情報を提供しております。
また、当センターでは取得した患者さんの貴重な個人情報を含む記録を、医療機関としてだけでなく研究機関として所定の目的に利用させていただきたいと思いますので、患者さんのご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

  • 患者さんの個人情報は、各種法令に基づいた院内規定を守ったうえで以下の目的に利用されます。

    • 当センターでの利用

      • 患者さんがお受けになる医療サービス
      • 医療保険事務
      • 患者さんに関係する管理運営業務(入退院等の病棟管理、会計・経理、医療事故等の報告、医療サービスの向上)
      • 医療機関等の管理運営業務(医療機関等の内部において行われる学生の実習への協力、医療機関等の内部において行われる症例研究)
      • 医療サービスや業務の維持・改善のための基礎資料
    • 他の事業者等への情報提供

      • 他の病院、診療所、助産所、薬局、訪問看護ステーション、介護サービス事業者等との医療サービス等に関しての連携
      • 他の医療機関等からの医療サービス等に関しての照会への回答
      • 患者さんの診療等に当たり、外部の医師等の意見・助言を求める場合
      • 検体検査業務の委託その他の業務委託
      • 患者さんの家族等への病状説明
      • 医療保険事務(保険事務の委託、審査支払機関へのレセプトの提出、審査支払機関又は保険者への照会、審査支払機関又は保険者からの照会への回答)
      • 関係法令等に基づく行政機関及び司法機関等への提出等
      • 医師賠償責任保険などに係る、医療に関する専門の団体、保険会社等への相談又は届出等
      • 国または地方自治体が実施するがん登録事業への情報提供
      • 他医療機関が行う医学研究等への試料・情報提供(原則匿名化します。関連する法令及び倫理指針に従います)
      • 外部監査機関への情報提供

    以上の利用目的以外に患者さんの個人情報を利用する場合は、患者さんの同意をいただくことといたします。

  • 患者さんの個人情報について患者さんには次の権利があります。

    • 患者さんは所定の手続のうえ、自己の個人情報の開示を請求することができます。
    • 患者さんは開示を受けた自己の個人情報の内容について、所定の手続のうえ、訂正を請求することができます。
    • 患者さんは自己の個人情報が不適切な取扱いをされていると思われる場合は、所定の手続のうえ、自己の個人情報の内容の訂正および利用停止を請求することができます。
    • 患者さんは以上の権利の決定等に関して不服がある場合は、神奈川県立病院機構に対して審査請求をすることができます。
  • 当センターでは、診療における安全確保のため患者さんの病室等に氏名の表示を行います。
  • 当センターでの患者さんの個人情報の取扱い等に関する詳細について、また不明な点等がありましたら次の担当課にお問い合わせください。
    総務企画課(管理研究棟3階、電話045-520-2222

カルテ開示

御自身の診療記録の閲覧やコピーを御希望の場合は、担当医師又は総務企画課に開示請求する旨をお申し出ください。(申請書類のお渡し、手続きの説明は総務企画課にて対応致します)

開示を請求できる方
  • 本人
  • 法定代理人(患者さん本人が未成年者又は成年被後見人の場合に限る)

※法定代理人について
患者さん本人が未成年者の場合は、親権者または未成年後見人の方が請求可能です。また、患者さん本人が成年被後見人の場合は、成年後見人の方が請求可能です。

開示までの手順
  • はじめに担当医師又は総務企画課にお申し出ください。
  • 自己情報の開示請求書を総務企画課に提出してください。
    この際、本人確認のため、官公庁が発行する書類等(運転免許証、パスポート、マイナンバーカード等)を提示していただきます。
    ※請求者が法定代理人の場合は、患者さん本人の親権者又は後見人であることを証明する書類
    (戸籍謄本等)が必要です。
  • 請求があった日から15日以内に、文書をもって開示、一部開示、不開示の回答をいたします。15日以内に回答が困難な場合は、回答期間を延長させていただく旨を請求者様あてに文書でお知らせいたします。
    ※当該診療情報に請求者以外の個人情報が含まれている場合で、その方の正当な利益を侵すことになると認められるときや、診断等に関する情報であって、当該診断等に著しい支障が生ずる恐れがあるときなどは、全部または一部を開示しないことがあります。
  • 開示または一部開示の決定通知を発送後、来院していただく日程を調整致します。
    本人確認のうえで開示いたしますので、来院時に官公庁が発行する書類等(運転免許証、パスポート、マイナンバーカード等)をご持参ください。
    ※コピーを希望される場合は、所定の料金をお支払いいただきます。

※ 詳しくは、総務企画課までお問い合わせいただくか、
県立病院における診療情報の提供に関する指針(PDF)」を 御参照ください。

無輸血治療を希望される場合の基本方針について

予定された手術、処置、抗がん剤治療などの医療行為に際して、あらかじめ患者さんが無輸血治療を希望された場合、意志を尊重した診療を行います。しかしながら、輸血以外に救命手段がないと判断される場合には輸血を実施します。患者さんの生命と健康を守るため、誠意をもって診療にあたってまいりますので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

手術検体などの研究利用について

当センターでは、がんを中心とした様々な病気を克服するため、診療のみならず生命科学・医学系研究も行っています。そしてその成果は将来、日常診療に反映されることとなります。研究活動を通じて社会全体に貢献することは、当センターの重要な使命です。
患者さんの同意のもとに、検査や手術の際に摘出採取された組織や血液などの生体試料、それらに付随する診療情報、診療後の経過情報を、匿名化などの方法で個人情報を厳重に保護した上で、当センターあるいは外部の研究機関で行う生命科学・医学系研究のために活用させていただいています。患者さんのご理解とご協力をお願いいたします。

トップへ