診療科・各部門のご案内
病理診断科

特色

 病理診断科では検査科・病理細胞診技師と共同で組織診・細胞診の診断を行っています。病変部から得られた組織・細胞検体を肉眼と顕微鏡で観察し精度の高い診断を行っています。主に生検は良悪性の診断を目的とし、手術の可否、術式、切除範囲などを決定するのに有用です。
 消化管ポリペクトミーや粘膜切除は咽頭、食道、胃、大腸において行われ、泌尿器科では経尿道的膀胱粘膜切除が行われています。
 手術検体では、術後の治療方針を立てる為に重要な情報、すなわち腫瘍の広がり、組織学的悪性度、リンパ節転移などの評価をします。手術中に良悪性の診断や癌が取り切れているかの判定などを行う術中迅速診断も施行されています。
 細胞診は擦過、洗浄、吸引などの操作によりえられた細胞から、細胞診判定を専門とする技師と医師が協力して良悪性の診断を行っています。
 診断精度を高めるために免疫組織化学的検査が日常的に行われるようになり、腫瘍の性状がより明確になることで、治療の精度向上に寄与しています。また、免疫組織化学的検査は個別化医療が進む領域において通常の組織診に用いるほか、例えば乳がんにおけるエストロゲン受容体・プロゲステロン受容体の発現解析、胃癌、乳癌におけるHer-2タンパク発現解析や大腸におけるEGFRタンパク検査の判定に用いられ、適切な治療法の選択に寄与しています。更に、病理で作製されたパラフィンブロック標本から肺癌におけるEGFR変異解析、ALKキメラ解析、大腸癌ではRAS遺伝子解析などが行われています。一方、乳癌における増殖マーカーの客観化のためのバーチャルスライドを用いた画像解析も現在検討の途上にあります。
 ご遺族の承諾が得られた場合には病理解剖を行いますが、これにより病気の広がりや治療効果の程度が判定できます。時には生前には明らかでなかった病気が見つかることもあり、患者様の病気の全体像を把握することができます。また、解剖により得られた情報を元に、総合的に検討する機会は大変貴重であり、現在全ての剖検症例は臨床病理カンファレンスで検討され、医療の質の向上や医療従事者の教育に役立っています。
 病理診断の対象臓器は多岐にわたるため、ひとりの病理医でカバーできる範囲にはどうしても限界があり、また検体数も年々増加していることから、当科では病理専門医を複数配置しています。更に、種々の臓器の専門病理医に外部から来院してもらい、直接の指導やカンファレンスを通じた臨床医への専門的なアドバイスによって、診断の質の更なる向上を目指しています。

検体取扱い数(2013-2015年)

  2013年 2014年 2015年
組織診断総件数 9,430 10,947 11,706
組織診 術中迅速診断 702 806 868
細胞診断総件数 7,851 8,541 8,614
細胞診 術中迅速診断 14 25 19
解剖件数 12 13 22

その他

医師を志す皆様へ

 がんの診断や治療方針の決定にあたり、病理診断は極めて重要な役割を担っています。しかし残念なことに、病理診断を行う医師の数は都市部でも不足しているのが現状で、高齢化も進んでいます。病理診断を学び、患者や臨床医の役に立つ優れた病理医を目指す人材は日本全国で求められています。病院の病理診断部門を見学したいという医学生を当センターでは歓迎します。また、既に臨床各科で活躍されている先生方も歓迎致します。恐らく皆さまの近くの病院でもきっと見学について歓迎されるはずであり、先生方の日頃の診療にも役立つものと思います。実際にどのようなことが病理部門で行われているか、是非見に来てください。お待ちしています。

呼吸器グループとしてホームページを開設しています。
呼吸器グループウェブサイト
ここをクリック

スタッフ紹介

診療医師名 認定資格
病理診断科部長
 横瀬 智之
 筑波大学医学専門学群 昭和59年卒
日本病理学会 病理専門医・指導医
日本臨床細胞学会 細胞診専門医
病理診断科部長
 亀田 陽一
 横浜市立大学医学部 昭和51年卒
日本病理学会 病理専門医・指導医
病理診断科医長
 河内 香江
 長崎大学医学部 平成10年卒
日本病理学会 病理専門医・指導医
日本臨床細胞学会 細胞診専門医
病理診断科医長
 大久保 陽一郎
 東邦大学医学部 平成17年卒
 東邦大学大学院 平成24年修
日本病理学会 病理専門医
日本臨床細胞学会 細胞診専門医
病理診断科医師
 鈴木 理樹
 島根大学医学部 平成21年卒
 千葉大学大学院 平成27年修
日本病理学会 病理専門医
病理診断科医師
 鷲見 公太
 愛媛大学医学部 平成20年卒
日本病理学会 病理専門医
日本臨床細胞学会 細胞診専門医
病理診断科医師
 吉岡 恵美
 横浜市立大学医学部 平成23年卒
 
 
臨床研究所技幹
 宮城 洋平
 横浜市立大学医学部 昭和61年卒
 横浜市立大学大学院 平成4年修
日本病理学会 病理専門医

(更新日:2017.1.4)

病理診断科

  • 節電のご協力ありがとうございました
  • No Smoking
  • がんセンター外観