5W病棟

主に対象となる疾患は、悪性リンパ腫、原発性骨腫瘍、転移性骨腫瘍、原発性肺癌、転移性肺がんで、診断および治療を行っています。悪性リンパ腫は、化学療法が中心ですが、病状により自家移植や同種移植を行う患者さんもいます。骨軟部腫瘍外科は、根治や症状緩和を目的とした集学的治療が中心です。呼吸器内科は、化学療法と放射線療法が主体です。看護ケアは患者さんの個別性を考慮し、早期に住み慣れた地域に安心して戻ることができるように患者さんの意思決定を大切に支援します。

トップへ