4W病棟

肝臓・胆嚢・膵臓・胃・食道がんの患者さんを対象として、手術療法・薬物療法、内視鏡的治療、放射線療法などが行われています。疾患の特徴から嘔気、つかえ感、黄疸、腹部膨満感などを抱えた患者さんが多く入院されています。私たちは、医師・薬剤師・栄養士と協働して、それらの苦痛の緩和に努めています。また、患者さんが、ご自宅でも必要な医療が切れ目なく受けられるように療養支援にも力を入れています。

トップへ