病院のご案内
県立がんセンター総長ごあいさつ

 ようこそ、神奈川県立がんセンターのホームページにいらっしゃいました。

総長 当センターは都道府県がん診療連携拠点病院として、神奈川県内のがん医療の中心的な役割を担う施設です。県内の医療機関と連携をはかり、県民に最良のがん医療を提供することが当院のミッションです。

 がんを患った方は"治癒"を求めて病院を訪れます。治癒の"治"は文字通り治療を意味します。ご存知のようにがんの治療は手術、薬物療法、放射線治療が3本柱と言われています。手術については内視鏡手術やロボット手術などの体に負担の少ない手術を取り入れる一方で、手技的に難度の高い手術にも積極的に取り組んでいます。放射線治療では、通常の放射線治療(X線治療)が効きにくい疾患にも効果が期待できる重粒子線治療を行うことができます。近年、分子標的治療薬や免疫チェックポイント阻害薬など、様々な新薬が開発され、がん薬物療法は大きく変化しました。当院では、患者さんが安心して安全な治療を受けられるよう多岐にわたる専門職が薬物療法に関わっています。ゲノム医療もいよいよ本格的に始まります。がんを取り巻く医療は絶えず進化し、しかも急速に進歩しています。そのような中でより良い最新の治療を患者さんに提供できるよう私たちは力を尽くします。

 では"治癒"の"癒"はどうでしょう?"癒"は癒すことです。がんを患う方はいろいろな不安や悩みを抱えます。病気のこと、家族のこと、就労のこと、など多岐にわたります。私たちはこのようながんを患った方のストレスを軽減、サポートするための体制を整えています。しかし、何より患者さんを受け入れる病院が温かく活気に満ちていなければなりません。患者さんに優しく、さらにスタッフにも優しい病院でなければなりません。患者さん、スタッフに優しく、がんに厳しく。患者さんから信頼され、職員が生きがいと誇りをも持てる病院、これが私たちの目指す病院です。このビジョンに向かって職員一丸となって精一杯努力する所存です。

 みなさまの一層のご助言、ご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

神奈川県立がんセンター総長


  • 節電のご協力ありがとうございました
  • No Smoking
  • がんセンター外観