病院のご案内
県立がんセンター病院長ごあいさつ

病院長 こんにちは。
 神奈川県立がんセンターは、都道府県がん診療連携拠点病院として県内のがん医療の中心的な役割を担っている施設です。そのため手術、放射線治療、化学療法などの診療はもちろんのこと、新たな治療法の開発のための治験、他施設と共同で行う臨床試験、各診療科が院内の臨床研究所と共同で行う研究などを数多く行っています。また今年度は、わが国のがんゲノム医療の幕開けとなります。がんは元々が自分の正常な細胞が、細胞の中にある遺伝子の変化によってがん細胞になる病気です。ですからそれぞれの方のがん細胞の中の遺伝子の形を調べることにより、より効き目があり副作用の少ない治療法が見つかるかもしれません。このようながんゲノム医療はこれからどんどん発展していくと考えられます。神奈川県立がんセンターは国立がん研究センター中央病院と連携して、がんゲノム医療を進めていく施設となります。
 また、世界的に極めて特殊な治療機器である重粒子線治療施設(通称、i-ROCK)も備えています。日本が開発したこの最先端の治療装置による治療は、がんに対してとても優れた治療法と考えられておりますが、まだ日本でも5施設しかありません。しかもがん専門病院に敷設しているのは世界でも神奈川県立がんセンターだけです。今年度は骨軟部腫瘍に加えて、前立腺がん、そして頭頸部がんの一部に保険承認されましたので、これらのがん患者さんにとっては、金銭的な負担がとても軽くなりました。他のがんは先進医療として臨床試験の中で治療をおこなう必要がありますので、患者さんの金銭的な負担はありますが、県の助成制度がありますのであきらめずにご相談されることをお勧めしております。
 さて、多くのがん患者さんを受け入れようとすればするほど、病院は忙しくなります。外来などで患者さんが溢れるようになると、診療に係る時間が長くなりがちで、駐車場も混雑します。そのため私たちは「ふたり主治医制」をとっており、手術などの治療が一段落して、ある程度安定した状態の患者さんは出来るだけ信頼できる医療施設でも診ていただけるようにお願いしています。
 今や日本では2人に1人ががんになる時代です。そして神奈川県は、これから全国平均以上のスピードでがん患者さんが増加することが予想されています。私たちは出来るだけ多くの患者さんに私たちの医療を受けていただきたいと考えております。そのための一助として、昨年の5月から最寄りの二俣川駅北口と病院玄関を結ぶシャトルバスの運行を開始しました。患者さんと付き添いのご家族用として多くの方に無料でご利用いただいております。
 最後になりますが、私たちは明るい病院作りを目指しております。多くの不安や悩みを抱える患者さんが緊張した面持ちで病院を訪れても、私たち職員が明るくお出迎えさせていただくことにより、少しでも患者さんの不安を取り除きたい、支えになりたいと言う心持ちで今年度も職員一同、励んで行く所存であります。

神奈川県立がんセンター病院長


  • 節電のご協力ありがとうございました
  • No Smoking
  • がんセンター外観