診療科・各部門のご案内
医療技術部 薬剤科

業務内容

  1. 医薬品情報提供業務
     医薬品の安全・適正使用のため、医薬品に関する情報の収集と医師・看護師・その他の医療スタッフへの情報提供を行っています。また、入院患者さんの薬剤管理指導業務に必要な情報バックアップの役割を担っています。
     また、院内の副作用情報の収集を行い、情報管理部門としての業務を行っています。発売間もない新薬の副作用を重点的に監視する市販直後調査についても同様です。
  2. 薬剤管理指導業務
     入院患者さんが適切な薬物治療を受けられるように、指示や処方オーダの確認や記録を行い、患者さんへベッドサイドで薬剤について必要な説明や指導を行ったり、副作用の回避・早期発見に努め、病棟スタッフである医師・看護師と情報交換しながら活動しています。
     現在は、全病棟を活動対象としています。最近では、病棟カンファレンスに参加する病棟も増えてきています。将来的には全病棟に薬剤師が常駐し、全ての患者さんを対象として活動すること、現在ごく一部のみ行われている外来患者さんへの指導の拡充や、地域調剤薬局との情報の連携などが今後の課題です。
  3. 注射薬払い出し業務
     注射薬・処方薬等の管理・供給を行なっています。入院・外来患者さん共に、注射薬自動払出システムにより注射処方箋に基づき注射薬調剤(個人別、施用日別セット)を実施しています。これにより、薬剤による事故防止や適正な在庫管理が行えることを目標としています。
  4. 調剤業務
     医師の処方箋に基づいて薬剤師が調剤を行っています。また、外来処方箋に関しては全診療科を対象として、ほぼ85%を院外処方としています。入院患者さんには必要に応じ全自動錠剤分包機により1回服用分を1包とし、お名前・服用時期などを印字し服用の確実化に役立てて頂いています。
  5. 製剤業務
     市販されていない薬品や、院内で調製した方が望ましい薬品については製剤室にて調製しています。クリーンルーム、バイオハザード付きクリーンベンチ、などを有し院内外の要請に応えています。

    注射器外来治療室で使われる注射薬が出来上がるまで

  6. 注射剤混注業務
     平成18年4月から外来でがん化学療法をお受けになる患者さんの点滴などの調製(抗がん剤ミキシング業務)を全面的に開始しました。薬剤科に設置されたミキシングルームで、安全に抗がん剤の調整を行っています。そのため外来治療室は、看護師が患者さんへの点滴と看護業務に専念できる環境となりました。また、入院患者さんのがん化学療法についても、全病棟の抗がん剤ミキシングを実施しています。
  7. 治験管理室業務
     GCP基準に基づき倫理的・科学的に治験が行われています。薬剤師2名が平成12年4月から院内に設立された治験管理室にCRC(治験コーディネーター)として参加し、直接患者さんと医師の間で治験のお手伝いをしています。調剤部門では治験薬の払い出し・調剤・治験薬品管理等をしています。
  8. チーム医療関連業務
     院内には、病棟の単位にとどまらず病院全体をそれぞれの役割を担って活動する多職種で構成されたワーキングチームがあり、薬剤師もこれに加わり活動しています。栄養サポートチーム(NST)、感染制御チーム(ICT)、緩和ケアチーム(PCT)など多くの病院で活動しているチーム以外にも、救急体制検討チームなど病院のニーズに沿ったチームがあり、様々な分野で薬剤師の職能を生かした活動を行っています。
  9. 医薬品管理業務
     薬剤科は、病院全体の医薬品の在庫状況を管理する部門で、新規に採用する医薬品の申請について審査する薬事委員会の事務局です。保安上・あるいは診療上特別に管理を必要とする医薬品(毒・劇薬、向精神薬、麻薬、医療事故の起きやすい医薬品など)の管理、又経済効率を考慮した医薬品の使用管理(後発医薬品の採用、医薬品統廃合)を患者さん医療費負担軽減のために行っています。
  10. 持参薬管理業務
     予約入院患者さんの持参薬の確認を行なっています。
     同一医薬品や同一成分薬(後発医薬品)、複数の医療機関からの重複・過量投与、相互作用などの確認を行うことで、入院中の治療をより安全に行うことを目標としています。

将来の方向性

 病院における薬剤業務は多方面にわたり、薬剤師に要求される職能もさまざまな分野に及ぶようになりました。これからの薬剤師の役割はますます専門性が高まっていくことになると思います。『薬のあるところに薬剤師有り』これからも、医療チームの一員として患者さんのためにその職能を役立てていきたいと考えています。

  • 節電のご協力ありがとうございました
  • No Smoking
  • がんセンター外観