診療科・各部門のご案内
物理工学科

 物理工学科では、世界トップクラスの性能を誇る重粒子線治療装置i-ROCK(アイロック)の運転維持管理、および個々の症例に対する治療計画の立案とその線量分布検証を通して、高品質の重粒子線治療を安全かつ安定に提供することを主な業務としています。
 患者さんの治療計画においては、医師の処方のもとで医学物理的な知見に基づいた計画線量分布の最適化をおこなうとともに、治療期間中に取得したin-room CT画像を用い照射分布の評価なども行っています。また治療現場の医師・放射線技師・看護師・エンジニアらと連携し、チームのワークフローに沿った治療スケジュールの管理調整もおこなっています。
 重粒子線治療の詳細については、以下のページをご覧ください。

スタッフ紹介(2019.5.7現在)

蓑原 伸一
(科長)
医学博士
医学物理士
草野 陽介 工学博士
医学物理士
松崎 有華 工学博士
高山 佳樹 医学物理士

診療科別特設ウェブサイト

  • 節電のご協力ありがとうございました
  • No Smoking
  • がんセンター外観