診療科・各部門のご案内
緩和ケアセンター

緩和ケアとは

 「緩和ケアは最期に受けるケア」と思われていませんか?
 がんや悪性疾患と診断された患者さんは、病気により症状だけでなく、痛みなどのからだのつらさや、不安・不眠・気分の落ち込みなどを体験される方がいます。「緩和ケア」とは、重い病を抱える患者さんやその家族一人一人の体や心などのさまざまなつらさをやわらげ、より豊かな人生を送ることができるように支えていくケアです。緩和ケアはがんと診断された時から受けられます。

当院の緩和ケアセンターとは

 当院におかかりの患者さんが、外来通院・入院中に関わらず、緩和ケアが受けられるよう調整する役割を担っています。また、地域への緩和ケアの推進・啓発のための研修会などを行っています。

緩和ケア病棟

 緩和ケア病棟は入院治療が必要な痛みなどのつらさを抱えた患者さんの療養の場です。また、症状が緩和された患者さんへの在宅療養などへの移行も支援しています。

 緩和ケア病棟の紹介・申し込みについては以下のページをご覧ください。

緩和ケアに関する相談窓口

 当院では緩和ケアに関する以下の相談窓口があります(詳細はクリックしてください)

看護師・メディカルソーシャルワーカーによる相談窓口

患者支援センター
(がん相談支援センター)
がんに関する相談支援や情報提供をしています。
→ どこに相談したらよいのか迷ったときはこちらの窓口へ
  受付:1階 患者支援センター番窓口
がん看護外来 病気について、症状について、療養生活についてなど不安や心配が強いとき、がん看護の専門看護師・認定看護師がご相談に応じます。主治医・病棟や外来看護師と連携しながら患者さんを支援する外来です。
リエゾン精神看護外来 通常の心理的反応を超えて、不安が強い場合などに、リエゾン精神看護専門看護師がより専門的に精神的な支援を行う外来です。
認定看護師による外来相談室
  • スキンケア外来
    人工肛門・人工膀胱を抱える患者さんのケア、床ずれやさまざまな傷のケア、がん治療による皮膚障害のケアについての外来です。
  • リンパ浮腫外来
    「手術後のリンパ浮腫予防の指導」及び「リンパ浮腫でお困りの患者さんが自分で管理できるように支援する」外来です。

医師・チームによる緩和ケアの提供体制

緩和ケア内科 主に痛みなどの体のつらさに対して専門の医師が対応します。
精神腫瘍科 がんに伴う気持ちのつらさに対して専門の医師が対応します。
緩和ケアチーム 入院中の患者さんの体と気持ちのつらさをやわらげるために、複数のスタッフ(緩和ケア内科医師・精神腫瘍科医師・看護師・薬剤師など)で対応します。
リハビリテーションセンター 患者さんの体の生活機能を改善し、生活の質の向上を目指します。
栄養サポートチーム(NST) 患者さんが適切な栄養管理を受けられるよう支援します。
  • 歯科口腔外科
 
  • 節電のご協力ありがとうございました
  • No Smoking
  • がんセンター外観