診療科・各部門のご案内
骨軟部腫瘍外科

特色

 「骨軟部腫瘍(こつなんぶしゅよう)」という聞き慣れない言葉をまず説明いたします。これは読んで字のごとく、骨(ほね)にできた腫瘍と、骨よりやわらかい軟部組織(おもに筋肉、脂肪組織、皮下、結合組織、末梢神経など)に発生する腫瘍を総称した言い方で、言ってみればからだのどの部分からも発生する可能性があります。その中でも当科では整形外科領域(運動器領域)、つまり頚部(くび)より下に発生する「骨軟部腫瘍」を主に担当しています。疾患の原因からは大きく三つに分けることができます。もともと骨や軟部組織から発生した「原発性骨軟部腫瘍」と、ふたつめはからだの中の他の癌から転移してきた「転移性骨軟部腫瘍」、三つめは多発性骨髄腫や悪性リンパ腫などの「血液系腫瘍」が骨や軟部組織にしこりを形成したものです。

 「原発性骨軟部腫瘍」はさらに良・悪性、骨腫瘍・軟部腫瘍に分かれますが、良性のものとしては骨巨細胞腫、軟骨腫、脂肪腫、神経鞘腫などがあります。いっぽう悪性原発性骨軟部腫瘍は「骨軟部肉腫」ともいわれ、骨肉腫、軟骨肉腫、脂肪肉腫、悪性線維性組織球腫、滑膜肉腫、平滑筋肉腫、神経肉腫など多くの種類があります。治療は手術を中心に、骨軟部肉腫に対しては抗がん剤による化学療法、放射線療法などを組み合わせて行います。そのほか境界領域(胸壁、後腹膜、皮膚)や頭頸部領域・婦人科領域の肉腫に対しては、その関連する診療科と連携して診療にあたります。
 「転移性骨軟部腫瘍」は圧倒的に骨病巣が多く、症状としては、疼痛はもちろん病的骨折や脊椎(せぼね)に転移し下肢麻痺をきたし、歩行困難となる場合が多いです。このような患者さんでは、残念ながら癌の病期としては進行期から末期に近い状態と言わざるを得ませんが、手術適応を十分に検討した上で、早く起きることができるよう(QOLを改善するため)積極的に手術を行っています。「血液系腫瘍」のうち多発性骨髄腫は骨に悪性リンパ腫は軟部組織・リンパ節に病巣を形成することが多いです。これらの疾患は血液科・化学療法科など関連する科と連携をとり診療にあたります。

治療成績

 当科の昨年1年間(2008年1月~2008年12月)の手術件数は205件で、生検44、骨腫瘍56(原発性良性13、原発性悪性20、転移性23)、軟部腫瘍72(原発性良性18、軟部肉腫52、転移性2)、その他33件です。脊椎悪性腫瘍手術は15件、骨盤悪性腫瘍手術は5件、腫瘍用人工関節・骨頭は20件(肩1、肘1、股関節・骨頭8、膝8)でした。

原発性悪性骨軟部腫瘍(骨軟部肉腫)の治療成績

 骨軟部肉腫は他の癌に比べれば非常にめずらしい腫瘍で、年間の罹患率は軟部肉腫で10万人に一人、骨肉腫で100万人に一人から二人といわれています。当科では神奈川県各地から多く紹介をいただき、開設以来23年間で720例余りの患者さんを治療してまいりました。主要な疾患である骨肉腫と軟部肉腫の治療成績(生存率)を下記に示します。

  3年生存率(%) 5年生存率(%)
骨肉腫(高悪性、四肢・体幹)(64例) 50.6 52.5
 初診時転移なし(42例) 73.9 60.1
 初診時転移あり/他院治療後進行例(22例) 9.1 4.6
軟部肉腫(361例)    
 高悪性(245例) 63.1 58.0
  初診時転移なし(169例) 76.2 71.9
  初診時転移あり/他院治療後進行例(76例) 33.1 26.9
 中・低悪性(116例) 93.8 85.9

その他

 疾患についての説明は、原則として病名は良・悪性ともありのまま患者さん本人に伝えています。しかし、病状の進行・余命などについては患者さん自身が知りたいかどうかを判断した上で、知りたい方にお伝えしています。がん医療において最も大切なことは、患者さんや家族との信頼関係を築くことであり、そのために患者さん一人ひとりの価値観を大切にし、十分なコミュニケーションを行うように心掛けています。

スタッフ紹介

診療医師名 認定資格
骨軟部腫瘍外科部長
 比留間 徹
 横浜市立大学医学部 昭和62年卒
 横浜市立大学大学院 平成3年修
日本整形外科学会 整形外科専門医
骨軟部腫瘍外科医長
 竹山 昌伸
 横浜市立大学医学部 平成8年卒
 横浜市立大学大学院 平成14年修
日本整形外科学会 整形外科専門医
骨軟部腫瘍外科医師
 村松 俊太郎
 横浜市立大学医学部 平成22年卒
 

(更新日:2015.5.18)

  • 節電のご協力ありがとうございました
  • No Smoking
  • がんセンター外観