受診を希望される方へ

治療の流れ

重粒子線治療では、正確な照射を行うために、治療前に、患者さんに合った治療方針をしっかりと検討したうえで、固定具作成や治療計画作成のためのCT撮影を行います。

診察
診察および必要な検査や治療の説明を行います。
下向き矢印  
固定具作成
正確な照射のために、患者さんの体を固定する固定具を作成します。
下向き矢印  
治療計画用CT撮影
がん病巣の位置、大きさ等をCTで確認し、治療計画を作成します。
下向き矢印  
治療開始(照射開始)
照射は1日1回、実際の照射時間は1~2分程度です。
正確に照射するための位置決めなどの時間を合わせると20~30分程度となります。
なお、照射回数は、病状により異なります。
下向き矢印  
経過観察
定期的に外来受診を受けていただきます。

 

重粒子線治療の流れ

※ 上の再生ボタン ボタンをクリックすると、動画がスタートします。
※ BGMが流れます。ボリュームにご注意ください。