当研究所について
おしらせ
2021. 6. 3
神奈川県立がんセンターの遺伝診療科と臨床研究所が共同で、AIを活用した遺伝性乳がん卵巣がん症候群の拾い上げシステムを開発しました。

詳細は、以下のプレスリリースをご覧ください。
AIを活用した遺伝性乳がん卵巣がん症候群の拾い上げシステム
(画像をクリックするとPDFファイルが開きます)
2021. 5.17
遺伝が関わる肥満のリスクスコアと食事・運動介入プログラムの効果に関する4者間共同研究を開始しました。

がん予防・情報学部の成松宏人部長を中心とする神奈川県立がんセンターの研究チームと、神奈川県立保健福祉大学、RIZAP 株式会社及びジェノプランジャパン株式会社の4者による肥満に関連した遺伝学的リスクスコアと食事・運動介入プログラムの効果との関連を解明するための共同研究がスタートしました。肥満は、がんをはじめとする多くの生活習慣病の原因や予後に悪影響を及ぼすため、本研究の成果は 健康寿命の延伸に寄与することが期待されています。

詳細は、以下のプレスリリースをご覧ください。
遺伝が関わる肥満のリスクスコアと食事・運動介入プログラムの効果に関する4者間共同研究
(画像をクリックするとPDFファイルが開きます)
2021. 4.12
4月16日(金)に開催を予定しておりました、県民のための公開講演会「がん医療と新型コロナウイルス」は、新型コロナウィルスの感染予防の観点から中止とさせていただきます。
2021. 3.15
県民のための公開講演会「がん医療と新型コロナウイルス」開催のお知らせと申し込み方法

県民のための公開講演会「がん医療と新型コロナウイルス」

日時:令和3年4月16日(金)14:00開催
場所:横浜市旭区文化センター「サンハート」ホール


申込方法について
<申込方法> 往復はがきまたはメールでお申し込み下さい。
<記載事項> 1.郵便番号、住所、2.氏名、3.電話、4.年代・性別、5.メール申込の場合は、メールアドレス
* 原則1枚のハガキにつき、1名の申込となります。
 (ご家族の同伴者が必要な場合は人数、氏名をご記入下さい。)
<はがき> 〒241-8515 所在地省略可
      神奈川県立がんセンター 臨床研究所宛て
<メール> kouzaoubo@gancen.asahi.yokohama.jp


締切:令和3年3月31日(水)10:00必着

※入場者数上限により、150名以上の申し込みがあった場合は、抽選となります。
※申込多数の場合は、4月上旬にメール、または返信ハガキにて抽選結果をご連絡致します。
※コロナウィルス感染状況により、開催を中止する場合があります。
2020.12.23
臨床研究所 がん予防・情報学部で情報セキュリティーマネージメントシステム(ISMS、ISO27001)の認証を取得しました(認証登録番号 IS 732061)。ISMSは情報セキュリティー認証の国際規格です。
適応業務は、がん予防・情報学部のがん登録事業、がん検診制度管理事業、コホート研究事業です。
2020.12. 1
臨床研究所ではがん免疫療法研究開発学部の特任研究員を1名募集しています受験案内はこちら(PDF))。
提出書類等の詳細についてはがんセンターのスタッフ募集のページの「任期付研究員」をご参照ください。
2020.11.19
臨床研究所ではがん生物学部の任期付研究員を2名募集しています受験案内はこちら(PDF))。
提出書類等の詳細についてはがんセンターのスタッフ募集のページの「任期付研究員」をご参照ください。
2020.10.29
11月20日(金)18:00-19:00、令和2年度第1回臨床研究所セミナーを開催いたします。
演者:藤井 誠志 先生(横浜市立大学大学院医学研究科・医学部 分子病理学 主任教授)
演題:これからの病理のか・た・ち

ポスター(PDF)をご参照ください。
令和2年度第1回臨床研究所セミナーチラシ
(画像をクリックするとPDFファイルが開きます)
2020. 6.12
がん教育・サバイバーシップ支援研究ユニットの片山佳代子・主任研究員を筆頭著者とする論文が受理されました。

タイトル:Qualitative analysis of cancer telephone consultations: Differences in the counseling needs of Japanese men and women
著者:Kayoko Katayama, Daisuke Ishikawa, Yohei Miyagi, Shoji Takemiya, Naoyuki Okamoto, Asao Ogawa
誌名:Patient Education and Counseling, in press (2020)

概要:がん電話相談のナラティブデータを量的、質的に分析しました。罹患者死亡者ともに男性の方が多いのですが、相談行動は圧倒的に女性の方が多く、性差による相談内容の違いを大規模データから分析したものは日本にありません。既存の医療だけでは応えられない患者・家族のニーズを拾いあげた画期的な論文です。
2020. 6. 1
新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、令和2年度(第20回)かながわサイエンスサマーは中止となりました。
大変残念ではありますが、例年8月に開催しております科学・実験教室「がん細胞を探し出せ!」も中止となりますので、ご理解くださいますようお願い申し上げます。
2020. 3.11
例年4月の科学技術週間に開催しております「県民のための公開講演会」は、本年はコロナウィルスの影響を考慮して中止することといたしました。
2020. 1.23
1月23日(木)18:00-19:00、2019年度第6回臨床研究所セミナーを開催いたします。
演者:高取 敦志 先生(千葉県がんセンター研究所 先進治療開発室室長)
演題:Undruggableな遺伝子異常を標的とした新規治療薬開発

ポスター(PDF)をご参照ください。
2019年度第6回臨床研究所セミナーチラシ
(画像をクリックするとPDFファイルが開きます)
2019.11.28
神奈川県立がんセンター(臨床研究所、がんワクチン・免疫センター、呼吸器内科)が中心となり、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)の支援を受けた次世代の治療・診断に向けた研究開発を開始します(研究課題名:アミノ酸プロファイルによるがん免疫微小環境の代謝リプログラミング評価とがん免疫治療患者層別化技術の開発)。

詳しくは以下(PDF)をご覧ください。
神奈川県立がんセンター(臨床研究所、がんワクチン・免疫センター、呼吸器内科)が次世代治療・診断に向けた研究開発を開始
2019.11.25
12月2日(月)18:00-19:00、2019年度第5回臨床研究所セミナーを開催いたします。
演者:中村 翔 先生(神奈川県立保健福祉大学大学院 ヘルスイノベーション研究科 講師)
演題:遺伝環境相互作用の解明 ~「神奈川県みらい未病コホート」の取り組み~

ポスター(PDF)をご参照ください。
2019年度第5回臨床研究所セミナーチラシ
(画像をクリックするとPDFファイルが開きます)
2019.11. 7
11月7日18:00-19:00、2019年度第4回臨床研究所セミナーを開催いたします。
演者:井元 清哉 先生(東京大学医科学研究所ヘルスインテリジェンスセンター 健康医療データサイエンス分野 教授)
演題:人工知能とスーパーコンピューターによるがんゲノムビッグデータ解析

ポスター(PDF)をご参照ください。
2019年度第4回臨床研究所セミナーチラシ
(画像をクリックするとPDFファイルが開きます)
2019. 9.30
9月21・22日に北海道旭川市で開催された第2回日本腫瘍循環器学会学術集会(外部リンク)において、がん分子病態学部の小井詰史朗主任研究員の発表「胆道癌における血栓塞栓症リスクと血液中の組織員氏との関連解析」が優秀賞を受賞いたしました(上記HP中の「各賞受賞者」をクリックしてご参照ください)。
2019. 7. 8
辻祥太郎主任研究員が第12回日本DDS学会水島賞を受賞しました。
【賞の主旨】
日本DDS学会水島賞
患者さんの治療対象となる部位に薬剤を送り届けるドラッグ・デリバリー・システム(DDS)技術の実用化研究・臨床研究において顕著な業績をおさめた研究者に授与するものです。
【授賞式の日時・場所】
7月5日(金)に横浜市で開催されました「第35回日本DDS学会学術集会」の席上、授賞式と受賞講演が執り行われました。
2019. 7. 8
7月3日(水)、横須賀高校の生徒さんが、がんセンターの臨床研究所、病院、iROCKを見学にいらっしゃいました。

詳しくは以下(PDF)をご覧ください。
横須賀高校の生徒さんが、がんセンターを見学!
2019. 6.20
8月8日 13:00-17:00、中学生と高校生を対象に、かながわサイエンスサマー2019科学・実験教室「がん細胞を探し出せ!」を開催いたします。

応募方法など詳しくはお知らせ(PDF)をご参照ください。
かながわサイエンスサマー2019科学・実験教室チラシ
(画像をクリックするとPDFファイルが開きます)
2019. 6. 7
7月5日18:00-19:00、2019年度第3回臨床研究所セミナーを開催いたします。
演者:若林雄一先生(千葉県がんセンター研究所 がんゲノムセンター 実験動物研究部 部長)
演題:マウスモデルを用いた皮膚発がん関連遺伝子の探索

ポスター(PDF)をご参照ください。
2019年度第3回臨床研究所セミナーチラシ
(画像をクリックするとPDFファイルが開きます)
2019. 5.24
5月24日18:00-19:00、2019年度第2回臨床研究所セミナーを開催いたします。
演者:石川俊平先生(東京大学大学院 医学系研究科衛生学分野 教授)
演題:びまん型胃がんのゲノムと免疫ゲノム

ポスター(PDF)をご参照ください。
2019年度第1回臨床研究所セミナーチラシ
(画像をクリックするとPDFファイルが開きます)
2019. 5.23
5月23日18:00-19:00、2019年度第1回臨床研究所セミナーを開催いたします。
演者:廣島幸彦先生(神奈川県立がんセンター臨床研究所・がん治療学部/がんゲノム診療センター/がんゲノム診療科 医長)
演題:膵癌の新規治療戦略創出に向けての多角的アプローチ

ポスター(PDF)をご参照ください。
2019年度第1回臨床研究所セミナーチラシ
(画像をクリックするとPDFファイルが開きます)
2019. 4. 2
4月17日(水)、平成31年度科学技術週間参加行事・県民のための公開講演会「がん免疫治療を知る」を開催いたします。
日時:平成31年4月17日(水曜日) 14:00~16:15
場所:旭区民文化センター(サンハート)ホール

ポスター(PDF)をご参照ください。
公開講演会「がん免疫治療を知る」チラシ
(画像をクリックするとPDFファイルが開きます)
2019. 2.28
3月4日 18:00~19:00、臨床研究所セミナーを開催いたします。
演者:三島一彦先生(埼玉医科大学国際医療センター)
演題:悪性脳腫瘍に対する分子標的治療

ポスター(PDF)をご参照ください。
臨床研究所セミナーチラシ
(画像をクリックするとPDFファイルが開きます)
2019. 1. 8
高松宮妃癌研究助成金受領のおしらせ(PDF)
2018.12.10
がん生物学部グループの研究成果が国内特許として成立しました。(PDF)
2018.11. 1
臨床研究所 がん治療学部 辻主任研究員らのグループの論文が科学誌"Scientific Reports"に掲載されました。また、この論文で使用された悪性中皮腫マーカーに対する抗体が10月31日より市販されます。(PDF)
2018. 6.11
学術集会開催のお知らせ
2018. 3.28
平成30年度科学技術週間・県民のための公開講演会について

当研究所について