受診を希望される方へ

治療費について

費用について

● 保険適用になる疾患・・・・・・切除非適応の骨軟部腫瘍

● 先進医療 適用になる疾患・・・その他の疾患

※先進医療とは

  1. 一般の保険診療と併用することができます。
  2. 先進医療にかかる費用(重粒子線治療)350万円は、全額自己負担になります。
  3. 一般保険診療と共通する部分は診察、検査、薬代などについては、健康保険を適用できます。
【費用負担イメージ図】

● 切除非適応の骨軟部腫瘍(保険適用)

切除非適応の骨軟部腫瘍(保険適用)

※公的医療保険の場合、高額療養費制度を利用可能です。
 公的医療保険適用部分に関する自己負担割合は、年齢等によって異なります。

 

● その他の疾患(先進医療)

その他の疾患(先進医療)

※先進医療の概要については、以下のホームページをご参照下さい。

一部の民間医療保険には、先進医療の技術料を給付する特約を備えたものがあります。
詳しくは、各保険会社へお問合せ下さい。

 

治療費の支払い方法

治療費の支払は、2回目の診察終了後に「支払いに関する保証書兼同意書」をお渡ししますので、治療開始(照射開始)に併せてご提出ください。
書類をご提出いただいた後、"請求書兼振込用紙"をお渡ししますので、7日以内にお支払いください。

治療費の支払い方法

先進医療の技術料を給付する特約を備えた民間医療保険のうち一部は、重粒子線治療技術料を保険会社から直接医療機関へ振り込むことが可能なものがあります。
詳しくは、各保険会社へお問合せ下さい。

 

治療費の助成について

神奈川県では、患者さんの負担軽減を図るため、神奈川県民が重粒子線治療を受ける際に、医療保険の対象とならない重粒子線治療の費用に対し最大35万円が助成されます。また、重粒子線治療の治療費を金融機関から借り受けた場合、その利子を神奈川県が補填する制度を行っております。
なお、重粒子線治療費のうち、民間の先進医療特約保険で給付で受ける分は、助成対象外となります。

  神 奈 川 県
事業名
  • 重粒子線治療費の助成
  • 重粒子線治療費利子補給
助成内容
  • 神奈川県民(1年以上在住)が神奈川県立がんセンターで重粒子線治療を受けた場合に、治療費を助成
  • 重粒子線治療費のうち、最大315万円について、専用ローンを借り入れた場合の利子に対する利子補給
助成額等
  • 治療費助成額
    1治療につき、35万円(上限額)
  • 利子補給額
    重粒子線治療専用ローンによる借入に関する利子
    (借入利率6%以内、補給期間7年以内)

詳細は、以下のホームページをご覧下さい。

助成についてのお問合せ
神奈川県 保健福祉局 県立病院課 045-210-1111 内線5049

 

また、神奈川県大和市においても、重粒子線治療費の助成制度があります。詳しくは、以下のホームページをご参照下さい。

助成についてのお問合せ
大和市 健康福祉部 健康づくり推進課 046-260-5661

 

重粒子線治療技術料について(保険会社より)

地方独立行政法人神奈川県立病院機構と「がん医療の理解促進に向けた連携と協力に関する協定」を締結している保険会社13社によるi-ROCK治療費に関するHPです。