各学部の研究活動
がん予防・情報学部 過去5年間の業績

原著論文・総説等

成松宏人

  1. Narimatsu H, Nakata Y, Nakamura S, Sato H, Sho R, Otani K, Kawasaki R, Kubota I, Ueno Y, Kato T, Yamashita H, Fukao A, Kayama T. Applying data envelopment analysis to preventive medicine: a novel method for constructing a personalized risk model of obesity. PLoS One. 2015;10(5):e0126443.
  2. Watanabe N, Narimatsu H, Noh JY, Kunii Y, Mukasa K, Matsumoto M, Suzuki M, Sekiya K, Ohye H, Yoshihara A, Iwaku K, Kobayashi S, Kameyama K, Kobayashi K, Nishikawa Y, Kami M, Sugino K, Ito K. Rituximab-including combined modality treatment for primary thyroid lymphoma: an effective regimen for elderly patients. Thyroid. 2014;24(6):994-9. Epub 2014/02/20.
  3. Tsuya A, Sugawara Y, Tanaka A, Narimatsu H. Do cancer patients tweet? Examining the twitter use of cancer patients in Japan. J Med Internet Res. 2014;16(5):e137.
  4. Sasahara YI, Narimatsu H, Suzuki S, Fukui T, Sato H, Shirahata N, Yoshioka T. Personalization of chemotherapy for metastatic pancreatic cancer. Clinical medicine insights Case reports. 2014;7:59-61.
  5. Narimatsu H, Sugawara Y, Morita T, Hayashi E, Kami M. The Impact of the Great East Japan Earthquake on Research Activity in a Disaster-Stricken Area. Therapeutic Innovation & Regulatory Science. 2014;48(6):NP28-NP9.
  6. Mizuno Y, Narimatsu H, Kodama Y, Matsumura T, Kami M. Mid-career changes in the occupation or specialty among general surgeons, from youth to middle age, have accelerated the shortage of general surgeons in Japan. Surg Today. 2014;44(4):601-6. Epub 2013/05/29.
  7. Kohno K, Narimatsu H, Shiono Y, Suzuki I, Kato Y, Fukao A, Kubota I, Ueno Y, Kayama T, Kato T. Management of erythropoiesis: cross-sectional study of the relationships between erythropoiesis and nutrition, physical features, and adiponectin in 3519 Japanese people. Eur J Haematol. 2014;92(4):298-307. Epub 2013/12/18.
  8. Kohno K, Narimatsu H, Otani K, Sho R, Shiono Y, Suzuki I, Kato Y, Fukao A, Kato T. Applying spatial epidemiology to hematological disease using R: a guide for hematologists and oncologists. Journal of blood medicine. 2014;5:31-6. Epub 2014/03/14.
  9. Yamagata University Genomic Cohort C, Narimatsu H. Constructing a contemporary gene-environmental cohort: study design of the Yamagata Molecular Epidemiological Cohort Study. J Hum Genet. 2013;58(1):54-6.
  10. Sho R, Narimatsu H, Murakami M. Japan's advanced medicine. Bioscience trends. 2013;7(5):245-9.
  11. Shibata K, Hozawa A, Tamiya G, Ueki M, Nakamura T, Narimatsu H, Kubota I, Ueno Y, Kato T, Yamashita H, Fukao A, Kayama T, Yamagata University Genomic Cohort C. The confounding effect of cryptic relatedness for environmental risks of systolic blood pressure on cohort studies. Molecular Genetics & Genomic Medicine. 2013;1(1):45-53.
  12. Narimatsu H, Kitanaka C, Kubota I, Sato S, Ueno Y, Kato T, Fukao A, Yamashita H, Kayama T, Yamagata University Medical E, Training Program through the Genomic Cohort S. New developments in medical education for the realization of next-generation personalized medicine: concept and design of a medical education and training program through the genomic cohort study. J Hum Genet. 2013;58(9):639-40.
  13. Ito Y, Narimatsu H, Fukui T, Fukao A, Yoshioka T. Critical review of 'Public domain application': a flexible drug approval system in Japan. Ann Oncol. 2013;24(5):1297-305.
  14. Watanabe N, Narimatsu H, Noh JY, Yamaguchi T, Kobayashi K, Kami M, Kunii Y, Mukasa K, Ito K, Ito K. Antithyroid drug-induced hematopoietic damage: a retrospective cohort study of agranulocytosis and pancytopenia involving 50,385 patients with Graves' disease. J Clin Endocrinol Metab. 2012;97(1):E49-53. Epub 2011/11/04.
  15. Sugawara Y, Narimatsu H, Hozawa A, Shao L, Otani K, Fukao A. Cancer patients on Twitter: a novel patient community on social media. BMC research notes. 2012;5(1):699. Epub 2012/12/29.
  16. Sugawara Y, Narimatsu H, Fukao A. Coverage of genomic medicine: information gap between lay public and scientists. Risk Manag Healthc Policy. 2012;5:83-90. Epub 2012/09/08.
  17. Narimatsu H. Clinical Characteristics of Acute Myeloid Leukemia with t(8;21) in Japan and Western Countries. In: Koschmieder S, Krug U, editors. Myeloid Leukemia - Clinical Diagnosis and Treatment. Rijeka, Croatia: InTech; 2012. p. 211-8.
  18. Narimatsu H. Intestinal Thrombotic Microangiopathy After Hematopoietic Stem Cell Transplantation. In: Cristofaro RD, editor. Microangiopathy. Rijeka, Croatia: InTech; 2012. p. 3-8.

和文

  1. 成松宏人. 臨床研究に必要な「研究デザイン」と「統計学」. 日本臨床麻酔学会誌. 2015;35(1):146-51.
  2. 和根崎真大, 西山悟史, 平山敦士, 渡邊哲, 久保田功, 成松宏人, 深尾彰, 有海躬行. 山形県急性心筋梗塞発症登録評価研究事業平成24年度のまとめ. 山形県医師会会報. 2014;758:23-7.
  3. 和根崎真大, 西山悟史, 平山敦士, 渡邊哲, 久保田功, 成松宏人, 深尾彰, 有海躬行. 山形県急性心筋梗塞発症登録評価研究事業平成23年度のまとめ. 山形県医師会会報. 2013;742:13-7.

片山佳代子

  1. Wada H, Shiozawa M, Katayama K, Okamoto N, Miyagi Y, Rino Y, Masuda M, Akaike M. Systematic review and meta-analysis of histopathological predictive factors for lymph node metastasis in T1 colorectal cancer. J Gastroenterology, DOI 10. 1007/s00535-015-1057-0.2015.
  2. 片山佳代子.がん検診受診による乳がん発見者の地域集積性に関する研究.JACA
  3. Yokoo M, Akechi T, Takayama T, Karato A, Kikuuchi Y, Okamoto N, Katayama K, Nakanotani T, Ogawa A. Comprehensive Assessment of Cancer Patients' Concerns and The Association with Quality of Life. Jpn. J. Clin Oncol, Advance Access published doi: 10.1093/jjco/hyu060, May 14, 2014.
  4. Nakanotani T, Akechi T, Takayama T, Karato A, Kikuuchi Y, Okamoto N, Katayama K, Yokoo M, Ogawa A. Characteristics of elderly cancer patients' concerns and their quality of life in Japan:A web-based Survey. Jpn. J. Clin Oncol, Advance Access published doi: 10.1093/jjco/hyu029. April 4, 2014.
  5. Katayama K, Yokoyama K, Suketomo YH, Okamoto N, Tango T, Inaba Y. Breast cancer clustering in Kanagawa, Japan: a geographic analysis. Asian Pacific journal of cancer prevention: APJCP. 2014; 15(1):455-60.
  6. 片山佳代子.がんの三次予防としてのキャンサーサバイバー支援.予防医学, 第55号, 123-129,2013.
  7. 助友裕子,片山佳代子,片野田耕太,稲葉 裕.部位別がん検診受診率と各種ボランティア活動行動者率の関連-がん検診受診率を向上させる地域活動のあり方に関する検討―.民族衛生, 第79巻4号,87-98,2013.
  8. 片山佳代子,夏井佐代子,三上春夫,岡本直幸.年齢別にみた乳がん罹患の地域集積性に関する研究.JACR Monograph, No 19,160-161,2013.
  9. Okamoto N. Use of "AminoIndex Technology" for cancer screening. Ningen Dock 26:911-922, 2012.
  10. Ohe M, Yokose T, Sakuma Y, Miyagi Y, Okamoto N, et al., Stromal micropapillary component as a novel unfavorable prognostic factor of lung adenocarcinoma. Diagnostic Pathology 7:3, 2012.
  11. 片山佳代子,町田和彦. 中国天津市在住の在宅高齢者における抑うつと身体的,心理的,社会的要因との関連.民族衛生,第78巻1号,3-15, 2012.
  12. 片山佳代子, 岡本直幸. 神奈川県内における男性胃がん罹患の地域集積性の検討.JACR Monograph, No18,34-35, 2012.
  13. 片山佳代子,助友裕子,黒沢美智子,横山和仁,岡本直幸,稲葉 裕. 都道府県別乳がん死亡率と教育系ファシリティとの関連-ソーシャル,キャピタルの視点から-.厚生の指標第59巻1号,26-34, 2012.
  14. 片山佳代子,夏井佐代子,岡本直幸. 神奈川県における乳がん罹患の地域集積性の検討.JACR Monograph, No17, 51-52, 2011.
  15. Katayama K, Chun-Yan Liu, Mu-Qun Xia, Kawahara N, Machida K. Impacts of physical, mental, and socioeconomic factors on the outpatient medical care costs of the Chinese elderly -Health survey of the elderly living in Tianjin-. Journal of health and human ecology, 77(6), 227-238, 2011.
  16. 片山佳代子,王 美華,小川奈美子,池原賢代,夏 睦群,刘 纯艳,町田和彦. ライフスタイルおよび医療行動が好中球機能に及ぼす影響―中国天津市在住高齢者のNBT還元試験による貪食,活性酸素生産能による好中球機能評価―.日本衛生学雑誌,第66巻第3号,573-581, 2011.
  17. 片山佳代子,岡本直幸. メッシュ法でみたがん罹患・死亡と社会経済的要因の関連.JACR Monograph, No.16, 75-76, 2011.

その他の著作
片山佳代子.がん教育に期待さえることとその効果-がんを教えるのではなくがんで教える-. 機関紙「健康かながわ」第548号, 2014.

社会活動(講演等)

成松宏人

  1. 成松宏人「生活習慣病はメタボリックだけではない!~知っていますか?肺の生活習慣病:COPD(慢性閉塞性肺疾患)~」 出前講座「すこやか教室」 in 舟形町 平成24年11月26日 舟形町役場保健センター
  2. 成松宏人 生活習慣病について知ろう 」 市民公開講座「知って得する!?生活習慣病予防の話 平成25年1月19日 於日本海総合病院
  3. 成松宏人 生活習慣病はメタボリックだけではない!~知っていますか?肺の生活習慣病:COPD(慢性閉塞性肺疾患)~」 出前講座「すこやか教室」 in 高畠町 平成25年2月5日(月) 於 高畠町げんき館
  4. 成松宏人 「知って得する 生活習慣病予防の話」 出前講座「すこやか教室」 in 高畠町 平成25年3月18日 於 高畠町げんき館
  5. 成松宏人 「高校生のストレス~やっかいだけど必要な存在」 保健講話 平成25年10月10日(木) 酒田西高校
  6. 成松宏人 「知って得する 生活習慣病予防の話」 山形経済同友会平成25年度 10月例会 平成25年10月15日 於 山形グランドホテル
  7. 成松宏人 「無料統計ソフト Rの使い方」 日本海病院研修会 平成25年10月15日 於 日本海病院 山形県酒田市
  8. 成松宏人 「知っておきたいがんの知識 -がんを予防するために-」 平成26年1月24日 平成25年度第4回 健康ひがしねアカデミー 於 タントクルセンター 山形県東根市
  9. 成松宏人 「臨床研究に必要な「研究デザイン」と「統計学」」 平成26年4月19日 第25回日本臨床モニター学会 教育講演 於 天童ホテル 山形県天童市
  10. 成松宏人 「高畠町における至適予防医療の確立」について 高畠町保健・医療懇談会 平成26年2月26日 於幸新館 山形県東置賜郡高畠町
  11. 成松宏人 「高校生のストレス~やっかいだけど必要な存在」 保健講話 平成26年10月2日(木) 酒田西高校
  12. 成松宏人 「慢性腎臓病(CKD)を予防しよう!」 たかはたげんきプロジェクト講演会 平成26年10月14日(火)  高畠町げんき館
  13. 成松宏人 「未来の医療を考えよう-山形から開く個別化医療への扉- 出張講義 平成27年2月7日(土) 山形西高校
  14. 成松宏人 「高畠町における至適予防医療の確立」について 高畠町保健・医療懇談会 平成27年2月23日 (月) 於幸新館 山形県東置賜郡高畠町
  15. 成松宏人 「慢性腎臓病(CKD)を予防しよう!」 たかはたげんきプロジェクト講演会 平成27年2月24日(火) 高畠町げんき館

片山佳代子

  1. 片山佳代子.講演『つながろう健康の輪:地域の人たちを巻き込んだ健康教育の実践』高知県社会福祉協議会,高知新聞・高知放送「生命の基金」助成セミナー.2014.08.26(高知、高知県社会協議会内)
  2. 片山佳代子.神奈川県学校保健連合会学校長部会 研修会講演『がん教育に期待されることと今後のがん教育』2014.1.10.(横浜、県教育会館)
  3. 片山佳代子.がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン -高度がん医療開発を先導する専門家の養成-、市民公開講演 『ソーシャル・キャピタルの視点から健康を考える- 乳がん死亡と社会経済的なつながり-』第23回日本乳癌検診学会、2013.11.09(新宿、京王プラザホテル)
  4. 片山佳代子. 第23回日本乳癌検診学会「地域がん登録データを活用した空間疫学的手法による乳がん罹患の地域集積性」、ランチョンセミナー講演,2013.11.09(新宿、京王プラザホテル)
  5. 片山佳代子. 北陸がんプロ金沢医科大学市民公開講座「がんサバイバーシップ~生きがいある人生のために~」第1部講演 2013.10.27(金沢)
  6. 片山佳代子. 横浜市青葉区保健活動推進員全体研修会講師「病気とこころ」~ハピネスコミュニケーションで健康になろう~.2013.10.02(横浜、青葉区役所)
  7. 片山佳代子. 神奈川がん臨床研究・情報機構がん情報センターのがん電話相談の取り組み.医療保健福祉従事者研修会、地域でのターミナルがん患者の療養を考える. 2012.12. 09(横浜)
  8. 片山佳代子.「がん予防と食事~疫学の視点から~」.第58回神奈川県公衆衛生学会. 2011.11.01.(横浜)

社会活動(委員等)

  • 成松宏人.非特定営利活動法人 地域健康プラン 理事長
  • 成松宏人 帝京大学公衆衛生大学院(医療管理学)非常勤講師 2015年4月~
  • 成松宏人 山形大学(公衆衛生学)非常勤講師 2015年4月~
  • 成松宏人 地方独立行政法人 山形県・酒田市病院機構 日本海総合病院(統計学・臨床疫学)非常勤講師 2015年4月~
  • 片山佳代子.神奈川県がん対策推進協議会委員(平成25年10月-平成27年3月31日)
  • 片山佳代子.神奈川県がん教育検討会委員(平成25年~)
  • 片山佳代子.地域がん登録全国協議会(JACR) 監事(平成26年7月1日~平成28年6月30日)
  • 片山佳代子.実践女子大学生活科学部(公衆衛生学概論) 非常勤講師(平成21年4月~平成24年3月)
  • 片山佳代子.青山学院女子短期大学(健康科学概論) 非常勤講師(平成21年4月~平成24年3月)
  • 片山佳代子.早稲田大学人間科学部(健康福祉科学)非常勤講師(平成27年度)

各学部の研究活動