患者ご家族のみなさまへ
インフォームド・コンセント

患者さんの病気に関する説明と同意について

 インフォームド・コンセントとは、十分な説明を受け納得したうえで、患者さん自身に最終的な診療方針を選択していただくことです。当センターでは、インフォームド・コンセントを基本理念の一つとして位置づけています。患者さんの病気の診断や治療に必要な検査や治療法について説明し、患者さんの意思を十分確認した上で納得いく診療を提供できるよう努めています。
 医師の説明がよく理解できない場合には納得できるまでお尋ね下さい。もし、納得できない場合には、他の病院や他の医師に意見を求める(セカンド・オピニオン)ことをお勧めします。十分に理解・納得をいただきましたら、その処置や治療についての同意書に署名をお願いします。

  1. 診療情報の具体的な説明について
  2. ア 医師は、原則として、診療中の患者さんについての、次に掲げる事項等について説明します。

    1) 現在の症状及び診断病名
    2) 治療の方針
    3) 行う予定の治療法について

    • 行う予定の検査について、その効果と具体的な方法及び特に注意を要する副作用
    • 手術や侵襲的な検査を行う場合には、その概要、危険性、合併症、実施しない場合の病状予測
    • 臨床試験や研究などの治療以外の目的も有する場合には、その内容

    4) 他の治療法がある場合には、その内容及び利害得失
    5) 今後の見通し(予後)

    イ 患者さんが未成年あるいは認知症等で判断能力がないと考えられる場合には、診療中の診療情報の提供については御家族および適切な代理人に対して行います。

  3. 同意について
  4. 病気に関する検査・処置や治療の説明を受け、十分に理解し、納得いただけましたら、同意書に署名をお願いします。

インフォームド・コンセントに関する指針

  1. 患者さんには最も良い医療を受ける権利があり、また自分の価値観に従って医療を選択する権利があります。一方、医療行為は常にリスクを伴うものであり、思いもよらない合併症を生じることがあります。患者さんはそのようなリスクも含めて選択することになります。そのためには、緊急時は社会的通念によって判断せざるを得ない場合がありますが、予測されうることについては、前もって患者さんに十分説明し、納得して医療を受けてもらう必要があります。
  2. 医師は、患者さんに、あるいは家族を含め、1)病状と診断、2)必要な検査とリスク、3)選択できる治療法の紹介とそれぞれの得失、4)当センターで行えない治療法の紹介、5)予後、今後の見通しについてわかりやすく説明し、患者さん及び家族が十分理解し、納得したうえで、治療法を選択できるようにしなければなりません。
  3. 説明は、家族同席が望ましいが、患者さんの意思により家族の同席を拒否する場合には、カルテにそのことを記載しておく必要があります。患者さんが意思を表明できない、判断に不安がある、未成年であるような場合には、必ず、家族あるいは適切な代理人の同席のうえでの説明が必要です。また、説明する医師側も他の医師、看護師が同席することが望まれます。
  4. 理解をより深くするために、家族、知人とも相談できるようにわかりやすい説明書を手渡す必要があります。また、それぞれの資料(絵入りのものが望ましい)を用いての説明は理解の助けとなります。セカンド・オピニオンを求めることを提案するのもよい方法です。患者さんが承諾し治療を受けることを希望した場合には、患者さんから同意書を受け取りカルテに保管します。緊急時を除いて、同意書を受け取るのは、説明をし、説明書を手渡してから一日以上空けるようにして下さい。
  5. 個々の治療手技に関しては、必ずしも説明書、同意書は必要ありませんが、カルテの記載が必要です。手術、化学療法、放射線治療、輸血、特定生物由来製品の投与、中心静脈カテーテル挿入等、侵襲性の高い行為においては適宜、説明書、同意書が必要です。

  • 節電のご協力ありがとうございました
  • No Smoking
  • がんセンター外観