外来・入院のご案内
緩和ケア病棟 入棟適応基準

 緩和ケア病棟を有効にご利用いただくために、以下のような「緩和ケア病棟入棟適応基準」があります。

  1. がんの患者さんであり、がんを治すことを目標にした治療の適応がない、あるいはこれからのがん治療を希望していない方が対象となります。疼痛などの身体的症状や精神的症状に苦しみ、入院を要する緩和ケアが必要と判断されていることが必要です。
  2. 患者さんとご家族、またそのいずれかが緩和医療・ケアについて説明を受け、以下の内容を理解された上で入棟を希望されていることが必要です。
    1. 病状の進行に伴う身体的・精神的苦痛に対して、症状緩和を目的とした医療が提供される病棟です。抗がん剤などの積極的な抗がん治療は行いません。症状緩和のための放射線治療は、必要であれば考慮いたします。
    2. 苦痛症状が緩和され、病状が安定し、在宅での生活が可能であると判断された場合には、療養の場の変更についてご相談させていただきます。
    3. 補完代替療法は、患者さんとご家族の管理下でお願いしています。医療者が代わって行うことはありません。
  3. 患者さんが病名・病状を理解されていることが望ましいと考えます。がん治療担当医から、患者さんやご家族に病状説明が十分に行われているが、医師からの説明内容と、患者さん・ご家族の理解に大きなずれがある場合には、再度面談が必要となることがあります。
  4. 患者さん本人に、意思伝達可能なコミュニケーションがとれる程度の意識があることが望ましいと考えますが、病状によって困難な場合は、考慮いたします。
  5. 症状が特になく、緩和医療を必要としない患者さんで、主に介護を目的とした入棟は受け入れていません。
  6. 入院後、以下の条件が発生した場合には、療養の場の変更を検討させていただきます。
    1. 患者さんまたはご家族が退院をご希望されるとき
    2. 病状が安定したとき
    3. 在宅ケアが可能と判断されたとき
    4. 悪性腫瘍の縮小あるいは治癒を目的とした治療を希望されたとき
    5. 当院で対応困難な併存疾患に対する治療を優先する必要があるとき
  7. 以下の状況にある患者さんには、設備上および人員的な理由、患者さんの安全管理上の理由から、入院をご遠慮いただいております。
    1. 人工呼吸器、人工透析による管理を要する場合
    2. 症状緩和目的以外の放射線治療を希望される場合
    3. 免疫療法・手術療法・がん薬物療法を悪性腫瘍縮小目的に希望される場合
    4. 無断外出・外泊および徘徊が認められる場合
    5. 暴力行為が認められる場合
    6. 重度の精神科疾患(認知症や統合失調症、うつ病など)や内分泌疾患(重度の糖尿病など)、神経内科疾患(脳梗塞など)、自己免疫疾患(関節リウマチなど)で専門医の支援が必要とする場合

  • 節電のご協力ありがとうございました
  • No Smoking
  • がんセンター外観