医療関係者の方へ
腫瘍内科レジデント研修カリキュラム

 がん医療の専門医を目指す研修

研修目的

 悪性リンパ腫と固形がんに対し、標準化学療法、強力化学療法、大量化学療法+自家末梢血幹細胞移植、同種ミニ移植、同種造血幹細胞移植を行い、幅広くがん薬物療法を習得する。

研修目標

 がん薬物療法の知識を深め、独立してがん薬物療法が可能な診療レベルへ到達するとともに、当科で研修後に専門とする領域を合わせ3領域以上の臨床経験を積み、がん薬物療法専門医の取得を目標とする。

年度別到達目標

1年目到達目標

 入院患者の主治医となり、指導医のもとでがん薬物療法の知識、技術の習得を目指す。退院後は、継続して自分で主治医となり、指導医のもと終末期まで外来および入院診療を行う。これによりがん患者の全体像を把握する。

2年目到達目標

 一年次の知識、技術をレベルアップすることが大切である。複数のがん患者を診療することにより、治癒する症例から、延命を目指す症例、症状の緩和を目指す症例と自ら判断ができ、診療できることを目標とする。疼痛コントロールを含む緩和医療の習得も目指す。

指導体制

  1. 日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医・暫定指導医、日本血液学会専門医・指導医による直接指導
  2. 血液科との無菌病室合同カンファランス、腫瘍内科のカンファランス
  3. 血液科と合同の血液腫瘍英語論文抄読会、腫瘍内科の英語論文抄読会
  4. 研修として学会・研究会はすべて参加可能

 日本臨床腫瘍学会学術集会、日本癌治療学会学術集会、日本血液学会学術集会、日本造血細胞移植学会総会、日本リンパ網内系学会総会、その他

研修内容

 取り扱う疾患は、血液領域:悪性リンパ腫、消化器領域:多くは大腸癌
 その他:原発不明がん、他院再発乳がん、肺以外の小細胞がんなど
 泌尿器科領域:高リスク精巣腫瘍の大量化学療法+自家末梢血幹細胞移植
 これら疾患のがん薬物療法を行うとともに、がんを診るのではなく、がん患者さんを診ることを研修する。

週間スケジュール

1)入院

病棟診療
8:00 血液科と合同の血液腫瘍英語論文抄読会
病棟診療
16:00 新患カンファランス
17:00 血液科との無菌病室合同カンファランス
病棟診療
午後時々 骨髄採取(於:手術室)
18:30 がん臨床講座
病棟診療
17:00 腫瘍内科のカンファランス、医局会
19:00 腫瘍内科の英語論文抄読会
病棟診療

2)外来:外来日は外来ブースの都合で決める。

3)その他:造血幹細胞移植のための骨髄採取(手術室)、末梢血幹細胞採取に参加。最終的には日本臨床腫瘍学会のがん薬物療法専門医受験資格である3領域30症例が可能となるよう症例を選択する。

研修評価方法

 部長による研修評価のほか、他スタッフにより逐次評価を受ける。また、年に一度、指導医による目標達成度のチェックと次年度の目標設定がある。
 評価表(PDF)

  • 節電のご協力ありがとうございました
  • No Smoking
  • がんセンター外観