医療関係者の方へ
放射線診断・IVR科レジデント研修カリキュラム

 画像診断/IVR研修

研修目的

 悪性腫瘍を中心とした画像診断と、IVR手技の修練

研修目標

  1. 悪性腫瘍の画像診断
  2. 合併する各種の疾患の画像診断
  3. 造影剤についての知識と副作用対策を学ぶ
  4. 悪性腫瘍に対するIVR治療技術の修得

年度別到達目標

1年目到達目標

 下記の臨床研修内容の習得、実践

2年目到達目標

 一年次の臨床修練内容のさらなる質的向上を目指す。
 臨床における判断、つまり次に何をすべきか、何が必要かをpredictできる能力を開発する。

指導体制

  1. 指導医師は3名(部長と医長)
    資格:日本放射線医学会専門医(診断)、日本IVR学会専門医
  2. 各種画像の読影/診断について指導医が個々にチェックをしていく。またIVRについてはhand-onで修練していく
  3. 院内/院外の画像診断カンファレンスに出席し症例を供覧して発表する

研修内容

  1. CT/MRIの読影をし、指導医のチェックを受ける
  2. 造影剤の使用法、適応、リスク、副作用への対処について学ぶ
  3. MRIの各種撮像法の特徴と目的に合わせた撮像法を学ぶ
  4. 血管造影の基礎的な操作
  5. ステレオタクティック生検の基本的な操作を学ぶ
  6. 院内/院外のカンファレンス/研究会への出席

研修評価方法

 自己評価と指導医の評価。
 画像診断についてはDecision treeを判断できるようにする。カンファレンスで臨床科に対し説明可能なようにする。
 IVRについては基礎的な操作ができ、いろいろな事態にt対する判断が可能かどうかで判定する。
 評価表(PDF)

  • 節電のご協力ありがとうございました
  • No Smoking
  • がんセンター外観