医療関係者の方へ
乳腺内分泌外科(乳腺)レジデント研修カリキュラム

 乳腺腫瘍に携わる乳腺専門医を目指す。

研修目的

 乳腺疾患に携わる医師としての自覚と常に学ぶ姿勢をもって、コメディカルと協力して、エビデンス、ナラティブに基づいた、患者さんの気持ちを重視した医療を正確に安全に行うことができる。

研修目標

  1. 乳腺腫瘍の理学的診断、放射線診断、病理診断が正確にできる
  2. 各種穿刺手技が安全に正確にできる
  3. 原発乳癌の外科的治療ができる
  4. 原発乳癌に対する薬物治療の治療計画をたて、患者さんに説明できる
  5. 進行再発乳癌の治療ができる
  6. 緩和医療ができる
  7. 各種ガイドラインの基礎になっているエビデンスを説明できる
  8. 患者さんの話を傾聴できて、共感的態度で接することができる
  9. 常に最新ジャーナルの情報を習得している
  10. 自分の経験を学会発表、論文投稿できる
  11. 他職種の人と協力的に診療を行うことができる
  12. 医療人としての自覚をもって自己管理ができる

年度別到達目標

全年次を通して

 2~3年間にわたり別記の研修内容(乳腺学会カリキュラムに沿う)を習得する。

指導体制

 乳癌学会乳腺専門医および乳腺認定医による指導

研修内容

 基本的にはOJTで 日本乳癌学会認定医・専門医制度カリキュラムに則り行う。

  1. 術前カンファレンス(火曜日)
  2. 症例検討会(木曜日)
  3. 学会参加はすべて可能である
  4. 抄読会

週間スケジュール

  • 外来患者数:約30名/日(外来は火曜と金曜の9:00~17:00、週2回)
  • 手術:毎週木曜午後
     年間の全手術数は約60例。症例によっては形成外科医師と協力して手術を行っている。

研修評価方法

 評価表(PDF)

●基本的事項
内容を理解している項目には○印を、理解していない項目には×印を記入する。自己評価と指導医評価を行う

項     目

理解度

解剖

(正常乳房の基本的な組織像、乳房腋窩領域の解剖)

 

生理(性ホルモンと乳腺)

性周期と乳腺

 

妊娠・授乳期乳腺

 

加齢による乳腺の変化

 

その他(食事、肥満、HRTなど)

 

疫学

一般的事項(罹患率、死亡率、再発形式)

 

家族性乳癌

 

危険因子

 

その他(                              )

 

病理

先天異常と発達異常

 

良性疾患

炎症

 

乳腺症

 

乳管内乳頭腫

 

乳頭部腺腫

 

腺腫

 

線維腺腫

 

葉状腫瘍

 

乳管拡張症

 

炎症性偽腫瘍

 

女性化乳房症

 

その他(                        )

 

悪性疾患

非浸潤性乳管癌

 

非浸潤性小葉癌

 

乳頭腺管癌

 

充実腺管癌

 

硬癌

 

特殊型 

 

Paget病 

 

炎症性乳癌

 

男子乳癌

 

妊娠・授乳期乳癌

 

非上皮性腫瘍

 

病理組織悪性度の分類

 

その他(                        )

 

バイオロジー

自然史

 

増殖・進展

 

ヘテロジュナイテイ

 

ホルモンレセプター

 

癌関連遺伝子

 

その他(                        )

 


項     目

 理解度

検診

集団検診

 

自己検診

 

診断

問診と病歴の取りかた

 

視触診

 

病期分類

 

乳房画像診断(マンモグラフイ、超音波診断、サーモグラフイ、CT、MRI)

 

骨シンチグラフィ

 

CT(乳房外)

 

MRI(乳房外)

 

超音波診断(乳房外)

 

腫瘍マーカー

 

細胞診

 

針生検

 

外科的生検

 

その他(                   )

 

治療

治療方針の適応決定

 

局所療法

手術

乳房切除術

 

乳房温存手術

 

リンパ節部活

 

放射線療法

 

全身療法

化学療法

 

内分泌療法

 

その他(                   )

 

治療効果の判定方法

 

薬物有害反応

 

その他(                   )

 

リハビリテーション

 

緩和・終末期医療

 

医療倫理

インフォームドコンセント

 

クオリティオブライフ

 

カウンセリング

 

臨床試験

 

医療保障、医療経済

 


●専門的事項/外科

く記入方法〉

口内にレを付ける。

A:主治医または執刀医として経験した症例数

B:経験または見学した項目

]診療対象

A(件)

39>

40~99

100<

乳癌

10>

11-50

51-100

101-200

201<

乳腺症

線維腺腫

女性化乳房症

B(確認)

 

確認

 

思春期早発症

巨大乳房

副乳

陥没乳頭

乳管拡張症

乳汁漏出症

周期性乳房痛(月経依存性)

急性乳腺炎

乳管内乳頭腫

乳頭部腺腫

腺腫

葉状腫瘍

Paget病

肉腫

その他(               )

診断

A(件)

10>

11-20

21-50

51-100

101-200

201<

マンモグラフイ(乳管造影法を含む)

超音波診断

サーモグラフイ

乳管内視鏡

細胞診

針生検

外科的生検

その他(               )

治療

A(件)

10>

11-20

21-50

51-100

101-200

201<

切開排膿術

腫瘤摘出術

乳房切除術

乳房温存手術

再発巣切除

内分泌療法

化学療法

乳房再建術

乳房形成術

卵巣摘出術

植皮術

その他(               )

医療倫理

B(確認)

確認

臨床試験

医療相談(カウンセリング)

その他(               )

  • 節電のご協力ありがとうございました
  • No Smoking
  • がんセンター外観