医療関係者の方へ
麻酔科レジデント研修カリキュラム

 麻酔、集中治療の専門医を目指す研修

研修目的

 麻酔、集中治療の専門医として必要な知識と経験を習得する。

研修目標

  1. 麻酔、集中治療の専門医として必要な知識と経験を習得することにより、麻酔科標榜医、日本麻酔科学会認定医、専門医、指導医の取得を目指す
  2. 手術室、集中治療室といった医療現場でチーム医療のリーダーとなりうる医療者を目指す

年度別到達目標

全年次を通して

 ひとりで安全に、麻酔管理が行えること、ICUでの患者管理を行えることを目標とする。

指導体制

 ICU科と2科で協同して研修指導にあたる。
 日本麻酔科学会指導医、日本ペインクリニック学会指導医,、日本救急医学会専門医等の資格を有する麻酔科、ICU科のスタッフが指導にあたる。

研修内容

 がんセンターという当施設の性格上、小児麻酔、産科麻酔、心血管麻酔などの研修は困難であるが、臨床麻酔の根幹となる一般の麻酔の習得には十分な症例がある。

  1. 麻酔症例を担当することにより、術前評価、麻酔管理、術後管理に必要な知識を身につける
  2. 挿管などの気道確保、硬膜外麻酔、脊椎麻酔、各種ブロックなどの麻酔技術、中心静脈ライン、動脈ライン留置などの技術習得
  3. 麻酔中や病棟患者の急変時に対応できるような救急医療の知識や技術を習得する
  4. 集中治療室での患者管理、特に人工呼吸管理、血液浄化等に必要な知識、技術の習得
  5. 癌性疼痛をはじめとするペインクリニックの知識を身につける
  6. 麻酔関連学会、研究会、カンファランス等への参加、発表、論文作成を行う
  7. 医療安全に関する知識、考え方を身につけるとともに、医療人としての倫理観の形成に努め、他の医療スタッフからも尊敬される専門医を目指す

週間スケジュール

 毎日夕方、術前、術後患者、ICU在室患者のカンファランス。
 週1回、勉強会。ICUカンファランス(不定期)
 日本麻酔科学会、日本臨床麻酔学会、日本集中治療医学会、日本ペインクリニック学会、日本救急医学会、その他研究会、カンファランス、への出席、発表。

研修評価方法

 自己評価と各スタッフの客観的評価をもとに、部長が総合的に評価する。

  • 節電のご協力ありがとうございました
  • No Smoking
  • がんセンター外観