当研究所について
連携大学院制度

 臨床研究所は横浜市立大学大学院と連携し、神奈川県のがん医療の発展を図ります。

連携大学院制度の利用

 神奈川県立がんセンター臨床研究所は平成24年4月から横浜市立大学大学院医学研究科の連携大学院となりました。腫瘍病理学分野において、共同で研究指導、講義を行い、研究活動などの交流を推し進め、人材の育成に効果的に取り組んでいきます。

連携大学院制度とは

 大学と研究所等が組織的・継続的に連携する仕組みであり、一定の目的のもとに協定を締結し、人的交流、教育・試験研究等を行う制度です。

当研究所について