若手看護師voices of young nurse

男性看護師代表
4E病棟勤務
花城 吉健
平成23年度
奈良県立医科大学看護学科 卒業(沖縄県出身)
後輩へのメッセージ

がんセンターで勤務して5年目になりました。仕事を始めた頃は覚えることが多く、大変だったのを覚えています。国家試験の勉強をして終わったと思いきや、仕事をしても勉強。学生の時の勉強は、自分のためでした。仕事をはじめたら、患者さんのために知識や技術を習得しなければと思うようになりました。知識や技術が身に付くことで、その人の苦痛を取ること、話を聞くこと、命を救うことにつながります。

がんセンターは手術や抗がん剤治療、放射線治療などがん患者さんに対して専門的な医療を提供しています。また、退院支援など様々な場面に関わる機会があります。そのなかで、自分の力を発揮していくためには努力が必要ですが、患者さんのためにできることが増えてくると、自信がつき、やりがいをすごく感じます。また、男性看護師はまだ少ないですが、日常生活の援助で力仕事が必要なことはもちろん、男性ならではの観点を持って意見を発信していくことも求められていると考えます。やりがいを持って看護ができる職場だと思います。私もまだまだ勉強中なので、これからがんセンターで仕事をしたいと思っているみなさんと一緒に頑張れたら嬉しく思います。

既卒中途採用看護師
5W病棟勤務
山野 麻未
平成22年度
東北労災看護専門学校 卒業(宮城県出身)
がんセンターを選んだ理由は?

私は、3年間一般病院で働き、家庭の事情で退職し2年間のブランクを経て再就職しました。

一般病院で働いていた時もがん患者さんと接する機会が多く、もっとがんについて知識を深めたいと思っていました。今回、病院選びで特に重視したことは、教育体制です。経験年数があまりない事や看護から離れていた期間があるので、一から学び直す気持ちで働きたいと思っていました。がんセンターは、ラダー制度を取り入れているので自身の目標が明確化しやすいこと。認定看護師が多く、知識を深める機会が得やすいことなど、自身のキャリアアップに繋がると思いがんセンターを選びました。

実際に就職して

がんセンターへ就職して5カ月が経ちます。病棟のスタッフは親切に色々と教えてくれ、体調面などにも気遣ってくれます。特にありがたいと思ったことは、病棟で多くある処置を優先的に見学させてもらえたことです。一度見学することで、不安なく実践に移すことができました。

日々のカンファレンスでは、認定看護師を交えた話し合いの場を設け、その患者さんに合った看護の方法のアドバイスを受けるなど、勉強になることが多くあります。

看護局の研修には中途採用研修があります。中途採用者同士で色々な思いを語り、今後の課題について共有することで、自身のモチベーションを上げることができました。来年はラダー申請を行い、自己のキャリアアップに繋げていきたいと思っています。

若手看護師・プリセプタ-
7W病棟勤務
柴 舞衣
平成22年度
よこはま看護専門学校 卒業(神奈川県出身)
がんセンターを選んだ理由は?

私は教育体制がしっかりしているという理由でがんセンターを選び、入職5年目になります。今年初めてプリセプターという役割を担いました。7W病棟では教育担当者が中心となって病棟スタッフ全員でプリセプティーを支援しているので、私も安心して教育に携わっていけるように思います。私のプリセプティーは社会人経験があり、患者さんとの接し方では、学ばせてもらうこともあります。

私が新人の時には、困った時や落ち込んでいる時にはいつも先輩方が話を聞いてくれ、励ましてくれました。私も、後輩が話しやすい環境作りができるような先輩になりたいと思って関わっています。

7W病棟は無菌病棟です。患者さんは、特殊な環境下で長期に渡る入院生活を送ります。私は、一人ひとりの患者さんが、その人らしい生活が送れるように心掛け看護をしています。プリセプティーにも先輩看護師をみて7W病棟で楽しく看護実践ができるようになってもらえたらいいなと思います。

看護学生の皆さんへ

実習は大変だと思いますが、実際の患者さんと関わる事で元気ももらえるので看護学生のみなさんも頑張ってください。

ページの先頭に戻る