新人看護師voices of freshman nurse

28年度採用新人看護師
3E病棟勤務
小川名 彩綺
平成27年度
神奈川県立よこはま看護専門学校 卒業(神奈川県出身)
入職動機は?

祖母ががんで亡くなったことをきっかけに、がん看護に興味を持ちました。看護師を目指すまでは“がん=死”という印象を持っていましたが、今は、がんは治る病気とも言われています。

がんを患った患者さんは、身体的苦痛だけでなはく、精神的、社会的、霊的と、全人的苦痛を感じる方が多くいらっしゃいます。私は、様々な思いを抱えたがん患者さんに寄り添い、温かい看護を提供して支えていきたいと思っていました。がんセンタ-を選んだ理由は、実習に行った時、患者さん一人ひとりの思いに寄り添った温かい看護を実際に見ることができ、ここでがん看護を学び、実践したいと考えたからです。

もう一つの理由は、教育体制が整い、一人ひとりに見合った進度、目標設定をしているので、自分のペースに合わせて着実に知識・技術を身に着けていくことできるからです。

現在の仕事は?

HCUに勤務しています。HCUは、術後の患者さんや状態が悪くなり全身管理が必要になった全診療科の患者さんが入室します。人工呼吸器など、医療機器の管理と患者さんの全身状態の観察を行っています。

今後の目標は?

今の目標は、重症患者さんを一人で受け持てるようになることです。 4月からは新人看護師が就職してくるので、確実に知識・技術を身に着け頼れる先輩になりたいと思っています。

28年度採用新人看護師
4W病棟勤務
川島 茜
平成27年度
神奈川県立保健福祉大学 卒業(神奈川県出身)
入職動機は?

私はインターンシップに参加した時に、先輩方が忙しい中でも声を掛け合って笑顔で仕事をしている姿に憧れを抱いたため、入職試験を受けました。「がんセンターは高度で専門的な医療を提供しているから難しそう」と考えている方もいらっしゃるかもしれませんが、現場では先輩が優しく丁寧に一緒に考えてくれるため、安心して働くことができています。

現在の仕事は?

私は現在4W病棟で働いています。4W病棟は胃食道外科・肝胆膵内科病棟のため、急性期からターミナル期まで幅広い患者さん・ご家族と関わることができます。患者さんやご家族とどのように関わって看護を実践していくか迷う時もありますが、先輩と相談しながらより良い看護を提供することを日々心がけています。

今後の目標は?

今後の目標は、患者さんとご家族の希望や思いに寄り添い、家族との時間を大切に過ごすサポートができるようになりたいと考えています。がんと共に生きている患者さんやご家族の思いを傾聴し、どのようにすれば希望を叶えられるのか、先輩看護師や多職種と連携をとりながら一緒に考えていくことを大切にしていきたいです。

28年度採用新人看護師
4W病棟勤務
今井 華奈
平成27年度
高知県立大学 卒業(高知県出身)
入職動機は?

学生のときから、がん看護に興味を持っていました。より専門的な知識を身に付け、がん看護について考え、学ぶ機会が持てるように、がんの専門病院への就職を考えました。 大学時代の先輩が在籍しており、先生の勧めもあり、当院のインターンシップに参加しました。患者さんと看護師がお互いの考えを統合させながら、在宅でのセルフケア方法について検討している場面を見学させていただきました。そのとき、自分も患者さんに寄り添いながら、患者さんとともに考えていける看護をしたいと思い、当院への就職を希望しました。

現在の仕事は?

私は、胃食道外科と肝胆膵内科の病棟で働いています。術後の急性期の患者さんから症状緩和を主な治療として行う終末期の患者さんまで、幅広い病期のがん患者さんがいらっしゃいます。様々な状態の患者さんに対して、看護をしていく中で、自身の知識・技術の未熟さを感じたり、患者さんとそのご家族への関わりで悩んだりすることも多くあります。その際には、先輩看護師に相談し、ともに看護のあり方のついて検討したり助言を受けたりして、支援を受けながら看護をしています。

今後の目標は?

がんとともに生きる患者さんは、治療による副作用症状や癌そのものによる苦痛症状を感じています。そのようながん患者さんの感じる症状や思いをくみ取り、支援ができるようになりたいです。また、患者さんが在宅に帰った後にも、ご自分とご家族でさまざまな形でセルフケアを必要とします。がん患者さんの思いや考えを大切にしながら、看護者としてともに考え、患者さんとその家族を支えていきたいと考えています。

28年度採用新人看護師
7W病棟勤務
堀越 ひとみ
平成27年度
神奈川県立平塚看護専門学校 卒業(神奈川県出身)
入職動機は?

実習で終末期のがん患者さんと関わったことがきっかけで、がん看護をもっと学びたいと思うようになりました。がんセンタ-は、がんの専門病院で最先端の治療を行っているので、自分自身のスキルアップができる環境だと思いました。

また、インターンシップに参加し、先輩方がチームで協力しながら患者さんと向き合っている姿を見て、是非自分もここで働きたいと思い志望しました。

現在の仕事は?

無菌病棟に勤務しています。白血病などの疾患が主で、大量化学療法や移植を受ける患者さんと日々関わっています。その方の想いに寄り添う看護を目指して日々業務にあたっています。造血機能が低下し、血球の低い患者さんが多いため、清潔操作を意識し感染予防に努めています。看護師が清潔に気をつけることはもちろん、患者さん自身が清潔ケアに取り組むことができるようセルフケア支援を大切にしています。経過の長い患者さんも多く、他職種との連携も欠かせません。患者さんが安心して退院できるように病棟全体で支援しています。

今は先輩のフォローを受けながら、化学療法の患者さんを受け持たせて頂いています。患者さんと共に目標を決めながら、退院に向けて一緒に治療に取り組んでいます。その患者さんに合わせた看護とは何か、迷った時はカンファレンスなどで先輩方に相談できるので、安心して受け持つことができています。

今後の目標は?

移植の看護は奥深いと感じています。もっと知識を深めて患者さんに寄り添えるような看護師になりたいです。無菌病棟では、毎年移植患者さんを対象にした患者会を開催しているので、そうした病棟での取り組みにも今後は積極的に参加していきたいと思っています。

ページの先頭に戻る