看護局について

教育体制

がんセンターの教育体制

1人ひとりの看護師は「自律的に学び行動する力」、「ケアリングを発揮する力」、そして「同僚や他職種と協働する力」をもっています。当院では、キャリア形成・支援システムを活用して1人ひとりの成長過程を支援します。

がんセンターの教育体制

このページのトップに戻る

キャリア形成・支援システムについて

個人が自己実現に向けて、主体的に能力を開発し、それを組織が支援するシステムです。
以下に、当院の教育システムの特徴をご紹介します。

  • クリニカルラダーとしては、5段階に設定しています。その中で、ステップⅢを1人前の看護師と位置づけています
  • 1人ひとりが自分がめざすステップに到達できるよう院内・院外教育を幅広く計画しています
  • リソースナースと看護管理者、スタッフ1人ひとりが互いに支え合い、ともに組織として成長することをめざしています
キャリア形成・支援システム

このページのトップに戻る

教育的支援の実際

院内・院外での学びを組み合わせた研修計画があります。
1人ひとりが、ライフワークバランスを考えて主体的に自己教育を計画し取り組むことを支援します。
専門看護師教育、認定看護師教育として、長期研修派遣の制度もあります。

教育的支援の実際

ステップⅡ 研修の風景
  • 研修の風景
  • 研修の風景

このページのトップに戻る

平成28年度 院内研修一覧

ステップ/役割研修 研修名 目的
ステップⅠ 看護過程の展開Ⅰ
(フィジカルアセスメント)
日々の実践を基に、患者の身体的側面を中心に正常と異常を判断し、報告できる能力を養う
メンバーシップ研修
~見る・見られる~
自分の傾向を知り、安全安楽な看護実践を考えて行動することができる
チームナーシングについての理解を深め、メンバーとしての役割がわかる
ステップⅡ 看護過程の展開Ⅱ
(受け持ち患者)
NANDA-Iの看護診断を用いて患者情報を収集、アセスメントする力を養う 
受け持ち看護師として主体的に看護実践できる
リーダーシップⅠ-① チームにおけるリーダーの役割・責任がわかり、リーダーシップ発揮に向けた自己の取り組みについて考えることができる
リーダーシップⅠ-② 他セクション・他部署の状況を考慮して、業務上必要な調整をするための自己の課題がわかる
自己支援研修
~レジリエンス~
困難な状況や失敗から学び、成長し、リスクを恐れずによりよい看護を実践できる心のしなやかさを養う。自らの手で心身の健康を維持・増進する力を培う
共育研修① 周囲の人々との関わりの中で、自己および他者の成長を促進するための考え方がわかる
ステップⅢ 看護倫理 相互の価値観を尊重した倫理的問題解決策の検討ができる
看護過程の展開Ⅲ
~事例検討~
事例検討を通して、自己の看護実践を振り返り、自らの傾向と大事にしたい看護の方向性をあきらかにする
リーダーシップⅡ 問題解決スキルについて学び、身近な問題の発見・分析・解決策の実行・評価ができる
※セクション全体にかかる問題ではなく、身近で解決可能な問題
コミュニケーションスキル
(アサーション)
チーム医療を促進し、よりよい看護をしていくためのコミュニケーションができる能力を身につける
共育研修②
「共に育つ」観点から、学びを支える人として、学ぶ人のレディネスを把握することの意味と方法がわかり、共に育む姿勢についての理解を深められる。
ステップⅣ 看護実践に活かす理論 看護理論の理解を深め、看護理論を実践で活用した質の高い看護を実践する
リーダーシップ研修Ⅲ
病院や看護単位の目標達成に向けて、自己の役割を理解し、リーダーシップをとることができる
地域での交流研修 在宅療養の特徴と実際を知り、地域連携における病棟看護師の役割や機能を明確にする
共育研修② 「共に育つ」観点から、学びを支える人として、学ぶ人のレディネスを把握することの意味と方法がわかり、共に育む姿勢についての理解を深められる。
ステップⅤ ステップV研修 所属セクションのリーダーとして、自らに必要な力を見定め、自らの意思で能力開発に取り組み看護の質向上に貢献する
共育研修② 「共に育つ」観点から、学びを支える人として、学ぶ人のレディネスを把握することの意味と方法がわかり、共に育む姿勢についての理解を深められる。
役割研修 新任主任研修 新任主任として自己に期待される役割を認識し、その役割を遂行するための自己の課題を明らかにすることができる
新人看護師の年間スケジュール

新人看護師の年間スケジュール(PDF)

新採用者の支援体制

新採用者の支援体制

採用後の一定期間、プリセプターやサポーター、フォローナースを中心として、全ての看護職員が新採用看護師の成長を支援します。

病棟体験

働く自分をイメージするための研修です。
2日間、2つのセクションに出向き、先輩看護師の看護を見学します。その後に配属希望セクションを申請します。

  • 病棟体験
  • 病棟体験
  • 病棟体験
技術演習Ⅰ(輸液管理)

調剤、点滴滴下、輸液ポンプの操作訓練をします。

  • 技術演習
  • 技術演習
技術演習Ⅰ(採血)

採血の技術演習をしました。

  • 技術演習
  • 技術演習
中途採用看護師への支援の実際

これまでのキャリアを活かして、その人がやりたい看護が実践できることをサポートしたいと考えています。

  • 中途採用看護師
  • 中途採用看護師
中途採用者の採用後オリエンテーションの一例
採用初日 辞令交付、更衣、写真撮影、入職事務手続き
局長あいさつ
業務と服務(業務担当副看護局長)
継続教育・情報管理(教育担当副看護局長)
感染管理(感染管理者)
医療安全(医療安全管理者)
院内案内・接遇・看護記録・看護基準の紹介(看護教育科)
配属先への挨拶
採用2日目 配置セクションオリエンテーション、看護師について見学
採用3日目 看護師について見学
採用4日目 フォローを受けながら、1部屋担当
採用5日目 フォローを受けながら、前日担当した部屋を担当

※看護師経験年数、がん看護の経験によってオリエンテーション内容・すすめ方が変わることがあります。

このページのトップに戻る