病院からのお知らせ
横浜市立大学附属病院のメール誤送信による個人情報の漏えいについて(お詫び)

 このたび横浜市立大学附属病院において、個人情報が漏えいしたことが判明しました。その中には、当センターが保有する個人情報の一部も含まれておりました。
 情報の漏えいが明らかとなった関係の皆様には、大変なご迷惑とご心配をおかけしましたことを心からお詫び申し上げます。
 当センターが横浜市立大学附属病院に提供した情報ファイルには、暗証番号(パスワード)をかけているため、実際には漏えいの可能性は極めて低いものと考えております。
 当センターでは、これまでも個人情報の管理は厳重に行ってまいりましたが、今回の事案を契機として、改めて情報管理に関する取り決めの徹底を図り、皆様が安心して受診していただける医療の実践に努めてまいる所存です。

神奈川県立がんセンター
総長 中山 治彦

 参考 横浜市立大学附属病院ホームページ

  • 節電のご協力ありがとうございました
  • No Smoking
  • がんセンター外観