病院のご案内
院内がん登録

院内がん登録って?

 院内がん登録ではがん患者さんのがんの部位や性状(組織型)、治療内容(手術、抗がん剤、放射線など)などの情報を収集・登録し、その予後調査(生存確認調査ともいいます)を行なっています。

 院内がん登録の目的は、病院内の対がん活動の状況を把握し、がんの早期発見と治療、予後の向上に役立てること、ひいては地域レベル、国レベルのがん対策に寄与することにあり、また全国登録などの共同研究への参加を容易にして、研究・研修にも役立てることにあります。

 そのために、院内におけるがん患者さんの把握漏れがないように、資料の収集、より正確・迅速な情報の入手と提供を主眼として1963年より継続的に登録業務を行っています。

 院内がん登録で集積された情報は、院内の各診療科や各部署への提供、神奈川県悪性新生物登録事業(地域がん登録)やがん診療連携拠点病院、全国がん(成人病)センター協議会などにも提供することで次の世代の新しい患者さんへ情報が活用されるように努力しています。

 院内がん登録の内容は「がん診療連携拠点病院 院内がん登録 標準登録様式」に準拠して情報を収集し、部位および組織の分類・登録には『国際疾病分類-腫瘍学 第3版 (ICD-O-3)』(2003年より)を、TNM分類・ステージ分類には『UICC-TNM悪性腫瘍の分類 第7版』を使用しています。(2014年時点)

 院内がん登録では、がん診療を評価する指針として用いられる生存率の算定のために、登録させていただいたがん患者さんの生存確認調査を定期的に行い、必要な予後情報を収集します。そのため、院内において予後情報が把握できなかった場合は、住民票照会による生存確認調査を実施しています。

 また、院内がん登録の実施は診療業務の一部として神奈川県個人情報保護条例の承認を受け、個人情報の保護に努めています。

統計表一覧

 ご覧になりたい統計の表題をクリックしてください。

年次別院内がん登録の推移

性別年齢別登録数

地区別院内がん登録数

新規登録者治療状況

部位別院内がん登録数

2012年部位別登録数

2012年主要部位登録詳細

院内がん登録の対象となる条件

  1. 『国際疾病分類-腫瘍学 第3版 (ICD-O-3)』における形態コード(組織型)が2(上皮内癌)もしくは3(悪性)のもの。ただし、脳腫瘍(頭蓋内腫瘍)と胃腸管間質腫瘍(GIST)は良性であっても登録対象とする。
  2. 入院・外来を問わず、対象腫瘍に関して当センターで初診であり、診断あるいは治療の対象となった腫瘍を登録対象とする。
  3. 対象となった腫瘍を、1腫瘍1登録の形で原発部位で登録する。
  4. セカンドオピニオンは登録除外とする。

年次別院内がん登録の推移

1963(昭和38)年から1985(昭和60)年の院内がん登録数

 1963(昭和38)年に神奈川県立成人病センターとして診療を開始した当時から、院内がん登録を行なっています。1963年当初は136件の院内がん登録がありましたが、1985(昭和60)年には812件までに増えています。

1963(昭和38)年から1985(昭和60)年の院内がん登録数

1986(昭和61)年から2005(平成17)年の院内がん登録数

 1986(昭和61)年に神奈川県立がんセンターと名称が変更になりました。神奈川県立がんセンターとしてスタートした1986年には973件でしたが、2005年には2,662件に増えています。

1986(昭和61)年から2005(平成17)年の院内がん登録数

2006(平成18)年から2012(平成24)年の院内がん登録数

 2010年より外来も含めた全新規登録を開始しました。2006年には2,863件でしたが、2012年には3,316件に増えています。

2006(平成18)年から2012(平成24)年の院内がん登録数

1963(昭和38)年から2014(H24)年の院内がん登録数

1963(昭和38)年から2014(H24)年の院内がん登録数

※クリックすると拡大表示します。

性別年齢別院内がん登録数

 2012年の院内がん登録を性別・年齢別に見ますと、男性は70歳代、女性は60歳代が最も多いことがわかります。
 20歳代から50歳代までは女性が多く、60歳代以上は男性が多くなります。
 神奈川県立がんセンターには、小児科がありませんので10歳代の患者さんは大変少ないです。

性別年齢別院内がん登録数

地区別院内がん登録数

地区別登録数(全体)

 2012年の院内がん登録を地区別に見ますと、横浜市が最も多く、次いで大和市、藤沢市が多いことがわかります。県外から受診される方も多く見られます。

地区別登録数(全体)

横浜市抜粋

 2012年の地域別登録数のなかで一番多い横浜市の中でも、旭区が一番多く、次いで泉区、瀬谷区が多いことがわかります。
 横浜市以外の県内市町村では大和市に次いで藤沢市とがんセンターのある旭区周辺からの受診される方が多いことがわかります。

横浜市抜粋

県内横浜市以外

 県外の中では近隣の東京都が最も多く受診されています。

県内横浜市以外

新規登録者治療状況

 がんの治療には手術、放射線治療、化学療法(抗がん剤やホルモン剤など)などがあります。これらの治療法をがんの状況に応じて単独または併用して治療していきます。
 初回治療は各疾患の標準的治療または診断から4ヶ月以内に行なわれた治療方法を基に登録しています。
 2012年の院内がん登録患者の治療状況では、手術のみが一番多く、ついで治療なしが多くなっています。
 治療なしの中には、がん登録の規定には当てはまらない治療が行われている場合、すでに他病院で治療が済んでいる場合、経過観察も含まれています。

新規登録者治療状況

部位別院内がん登録数

 2012年の院内がん登録を部位別に見ると、乳がんが最も多く、次いで、肺がん、胃がん、大腸がん(結腸がん・直腸がん)、子宮がん、の順に多いことがわかります。

部位別院内がん登録数

2012年部位別登録数

 2012年の全部位のステージ別登録状況です。
 部位の分類のためにICD-10(疾病、傷害および死因統計分類提要)に変換、集計しています。
 ステージ分類は「UICC-TNM悪性腫瘍の分類 7版」で行っています。

2012年部位別登録数1

2012年部位別登録数2

※クリックすると拡大表示します。

2012年主要部位別詳細

 わが国で多い胃がん、大腸がん、肝がん、肺がん、乳がん(主要5部位)に加え、当センターで登録数の多かった膵臓がん、前立腺がん、子宮がん、食道がん、悪性リンパ腫について集計しました。
 登録数の集計は『国際疾病分類-腫瘍学 第3版 (ICD-O-3)』で登録した内容を、ICD-10(疾病、傷害および死因統計分類提要)に変換、集計しています。
 治療前ステージ分類は『UICC-TNM悪性腫瘍の分類 第7版』で分類しています。

 集計項目

  • 年齢階級別 性別 登録数
  • UICC治療前ステージ別 割合
  • UICC治療前ステージ別 治療方法 割合
  • 組織型別 割合

 治療内容の略称については、下記の表をご覧ください。

治療内容の略称

胃がん

 胃がんの登録数は胃に発生したリンパ腫を除いた癌腫、肉腫を集計しています。
 UICCステージの集計では、悪性リンパ腫、カルチノイド、肉腫を除き、癌腫を集計しています。

 年齢階級別性別登録数を見ますと、50歳代から増加し、70歳代が最も多く見られます。
 女性よりも男性のほうが罹りやすいことがわかります。

年齢階級別性別登録数(胃)

 UICC治療前ステージの割合を見ますと、ステージⅠ期が最も多く約52%を占めており、早期に発見されていると考えられます。
 次いでⅣ期が21%を占めています。

 胃がんの治療法はⅠ期、Ⅱ期は手術が優先して行われます。手術の内容としてⅠ期では内視鏡による切除が優先して行われます。
 Ⅱ期およびⅢ期では手術に加え薬物療法を組み合わせて行われます。
 Ⅳ期は薬物療法のみの治療が多くなります。
 治療前ステージに不明が多い理由としては、精密検査を兼ねて行った内視鏡検査中に切除した場合や良性としてポリープなどを切除し、その切除した部分にがんが見つかることが多いためです。この場合その後に外科的切除が行われない場合は治療前のステージは不明となります。

UICC治療前ステージ別割合(胃)

UICC治療前ステージ別 治療方法別割合(胃)

 胃がんの組織型は90%以上が腺癌です。

組織型別割合(胃)

大腸がん

 大腸がんの登録数は結腸、直腸、肛門部に発生したリンパ腫を除いた癌腫、肉腫を集計しています。
 UICCステージの集計では、悪性リンパ腫、カルチノイド、肉腫を除き、癌腫を集計しています。

 年齢階級別性別登録数を見ますと、60歳代から急増し、70歳代が最も多く見られます。
 女性よりも男性のほうが罹りやすいことがわかります。

年齢階級別性別登録数(大腸)

 UICC治療前ステージの割合を見ますと、ステージⅣ期が最も多く約24%を占めています。
 他の施設でも早期に対する内視鏡治療などが行われるようになり、進行がんの患者さんが来院されることが多くなっていると考えられます。
 治療前ステージに不明が多い理由としては、精密検査を兼ねて行った内視鏡検査中に切除した場合や良性としてポリープなどを切除し、その切除した部分にがんが見つかることが多いためです。この場合その後に外科的切除が行われない場合は治療前のステージは不明となります。

 早期である0期では優先して内視鏡治療が行われますが、Ⅰ期を超えると外科的手術、体腔鏡手術などの外科的治療が選択されます。
 大腸がんではⅣ期でも手術が行われていますが、腸管の閉塞に対する手術が含まれています。
 ステージが進行すると手術療法と抗がん剤による薬物療法を組み合わせて行われます。

UICC治療前ステージ別割合(大腸)

UICC治療前ステージ別 治療方法別割合(大腸)

 大腸がんの組織型は90%以上が腺癌です。

組織型別割合(大腸)

肝がん

 肝がんの登録数は肝臓に発生したリンパ腫を除いた癌腫、肉腫を集計しています。
 UICC治療前ステージの集計では、肝臓の肝細胞がんを集計しています。
 胆管がんについては集計に含まれていません。

 年齢階級別性別登録数を見ますと、50歳代から増加し70歳代で最も多く見られます。
 女性よりも男性のほうが罹りやすいことがわかります。

年齢階級別性別登録数(肝)

 UICC治療前ステージの割合を見ますと、ステージⅠ期が最も多く約33%を占めています。
 次いでⅡ期が多く見られます。

 肝がんの治療では背景の肝機能を考慮しながら、手術・局所療法(経皮的ラジオ波熱凝固療法(RFA))・経動脈的治療(肝動脈化学塞栓術(TAE、TACE))・肝動注化学療法(TAI)・全身化学療法・放射線治療、あるいはこれらの組み合わせ治療から選択します。
 グラフの「その他の治療」には経皮的ラジオ波熱凝固療法が含まれています。

UICC治療前ステージ別割合(肝)

UICC治療前ステージ別 治療方法別割合(肝)

 肝がんの組織型は肝細胞がんが90%以上を占めています。

組織型別割合(肝)

肺がん

 肺がんの登録数は肺、主気管支に発生したリンパ腫を除いた癌腫、肉腫を集計しています。
 UICC治療前ステージの集計では、悪性リンパ腫、肉腫を除き、カルチノイドを含めた癌腫を集計しています。

 年齢階級別性別登録数を見ますと、男女ともに60歳代から増加し、70歳代が最も多く、女性よりも男性のほうが罹りやすいこともわかります。

年齢階級別性別登録数(肺)

 UICC治療前ステージの割合を見ますと、ステージⅠ期が最も多く45%を占めています。次いでⅣ期が25%を占めています。
 肺がんの治療法は組織型、肺内のがんの発生部位、合併症により選択されます。
 Ⅰ期・Ⅱ期は手術の適応が多く、進行するにつれ薬物治療、放射線治療が行われています。
 合併症などによる治療なしの割合が多く見られます。

UICC治療前ステージ別割合(肺)

UICC治療前ステージ別 治療方法別割合(肺)

 肺がんに多くみられる組織型は腺癌、扁平上皮癌です。
 治療は腺癌・扁平上皮癌などを含む非小細胞癌と小細胞癌によって選択される治療方法の優先順位が変わります。

組織型別割合(肺)

乳がん

 乳がんの登録数は乳腺に発生したリンパ腫を除いた癌腫、肉腫を集計しています。
 UICCステージの集計では、悪性リンパ腫、肉腫を除き、癌腫を集計しています。

 年齢階級別性別登録数を見ますと、40歳代から増加し、60歳代が最も多く見られます。女性が罹りやすく、2012年は男性の登録はありませんでした。

年齢階級別性別登録数(乳)

 UICC治療前ステージの割合を見ますと、ステージⅡ期が最も多く34%を占めていますが、0期とⅠ期を合わせますと43%を占めており早期に発見されていると考えられます。

 乳がんの治療法は手術、放射線治療、薬物治療があり、これらを組み合わせて行います。
 乳がんの手術には、乳房部分切除(乳房温存手術)と乳房全摘があり、全摘した場合は再建も可能です。
 放射線治療は原則として乳房温存手術した場合には全例、乳房全摘した場合ではリンパ節転移が多い例に行います。
 薬物治療には化学療法、分子標的治療、ホルモン療法などがあります。
 乳がんの生存率を高めるためには薬物治療が重要で、癌の性質に応じた薬物治療をエビデンスに基づいて行います。

UICC治療前ステージ別割合(乳)

UICC治療前ステージ別 治療方法別割合(乳)

 乳がんのほとんどが乳房内の乳管(お乳が通る管)から発生する乳管癌といわれる癌です。
 非浸潤性乳管癌、浸潤性乳管癌で86%を占めています。(非浸潤性=上皮内癌)

組織型別割合(乳)

膵がん

 膵がんの登録数は膵臓に発生したリンパ腫を除いた癌腫、肉腫を集計しています。
 UICCステージの集計では、悪性リンパ腫、カルチノイド、肉腫を除いた、癌腫を集計しています。

 年齢階級別性別登録数を見ますと、50歳代後半から急増し、60歳代後半で最も多く見られます。
 女性よりも男性のほうが罹りやすいことがわかります。

年齢階級別性別登録数(膵)

 UICC治療前ステージの割合を見ますと、ステージⅣ期が最も多く約56%を占めています。
 膵がんの早期発見は今後の課題といえます。

 膵がんの治療法の主なものには、外科的治療、薬物治療(化学療法)があります。
 癌の増大による胆管狭窄や腸管の閉塞に対しては、内視鏡による胆管ステント治療や腸管ステント治療、あるいは手術などが行われています。
 薬物治療はステージⅠ期から行われますが、手術等との組み合わせ治療として選択されることもあります。

UICC治療前ステージ別割合(膵)

UICC治療前ステージ別 治療方法別割合(膵)

 膵がんは膵管から発生する膵管癌が70%以上を占めています。

組織型別割合(膵)

前立腺がん

 前立腺がんの登録数は前立腺に発生したリンパ腫を除いた癌腫、肉腫を集計しています。
 UICCステージの集計では、悪性リンパ腫、肉腫を除いた、腺癌を集計しています。

 年齢階級別性別登録数を見ますと、60歳代から増加し、70歳代に最も多く見られます。

年齢階級別性別登録数(前立腺)

 UICC治療前ステージの割合を見ますと、ステージⅠ期が最も多く約30%以上を占めています。

 前立腺がんの治療法の主なものには、手術、放射線治療、薬物治療があります。
 薬物治療は抗がん剤による化学療法とホルモン剤によるホルモン療法があります。
 高齢者に発症することが多いがんのため、がんの進行度合だけで治療法を選択するわけではなく、合併症やご本人の状態によって治療はせず経過観察と選択することもあります。
 薬物治療はステージⅠ期からⅣ期まですべてのステージで行われています。

UICC治療前ステージ別割合(前立腺)

UICC治療前ステージ別 治療方法別割合(前立腺)

 前立腺がんは腺癌が90%以上を占めています。

組織型別割合(前立腺)

子宮がん

 子宮がんの登録数は子宮頚部、子宮体部に発生したリンパ腫を除いた癌腫、肉腫を集計しています。
 UICCステージの集計では、子宮頚部に発生したリンパ腫を除いた癌腫、子宮体部に発生した癌腫、肉腫を集計しています。

 年齢階級別性別登録数を見ますと、子宮頚がんは20歳代から増加し、30歳代後半から40歳代前半に最も多く見られています。
 子宮体がんは40歳代後半から増加し、50歳代後半から60歳代前半に最も多く見られています。

年齢階級別性別登録数(子宮)

子宮頸がん

 UICC治療前ステージの割合を見ますと、ステージ0期が最も多く30%以上を占めています。
 検診で発見される方が48%、自覚症状で発見される方が37%と検診の結果で受診される方のほうが多く見られます。

 子宮頸がんの治療法の主なものには、手術、放射線治療、薬物治療があります。
 0期の治療は子宮を残すことができますが、Ⅰ期になると子宮切除も検討されます。

 Ⅰ期でも侵襲がみられる場合は(程度によって)リンパ節の郭清や抗がん剤による薬物療法、放射線療法が検討されます。
 Ⅱ期以上の場合や手術ができない場合は放射線治療が検討されます。

UICC治療前ステージ別割合(子宮頸)

UICC治療前ステージ別 治療方法別割合(子宮頸)

 子宮頚がんは扁平上皮癌または腺癌がほとんどですが、扁平上皮癌が80%以上を占めています。

組織型別割合(子宮)

子宮体がん

 UICC治療前ステージの割合を見ますと、ステージⅠ期が最も多く75%以上を占めています。
 子宮体がんは子宮頸がんと異なり、検診で発見される方は12%、自覚症状で発見される方が82%と自覚症状により受診される方が多く見られます。

 子宮体がんの治療法の主なものには、手術、放射線治療、薬物治療があります。
 子宮体がんは手術が最も一般的な治療として選択されます。
 手術の結果によって抗がん剤による薬物治療や放射線治療の追加が検討されます。

UICC治療前ステージ別割合(子宮体)

UICC治療前ステージ別 治療方法別割合(子宮体)

 子宮体がんは腺癌がほとんどです。

組織型別割合(子宮体)

食道がん

 食道がんの登録数は食道に発生したリンパ腫を除いた癌腫、肉腫を集計しています。
 UICCステージの集計では、食道に発生したリンパ腫を除いた癌腫を集計しています。

 年齢階級別性別登録数を見ますと、食道がんは50歳代後半から増加し、60歳代後半に最も多く見られています。
 女性よりも男性のほうが罹りやすいことがわかります。

年齢階級別性別登録数(食道)

 UICC治療前ステージの割合を見ますと、ステージⅠ期が最も多く約40%を占めています。

 食道がんの治療法の主なものには、手術、放射線治療、薬物治療があります。
 食道がんは0期では内視鏡による切除、Ⅰ期でも手術による切除が選択されます。
 Ⅱ期以上では手術に加え、放射線治療、抗がん剤による薬物療法が検討されます。

UICC治療前ステージ別割合(食道)

UICC治療前ステージ別 治療方法別割合(食道)

 食道がんは扁平上皮癌がほとんどです。

組織型別割合(食道)

悪性リンパ腫

 悪性リンパ腫の登録数は部位に限定されません。検査においてリンパ腫と診断されたものを集計しています。
 UICCステージの集計では、悪性リンパ腫を集計しています。

 年齢階級別性別登録数を見ますと、悪性リンパ腫は50歳代後半から増加し、60歳代後半に最も多く見られています。
 年代により性別での差はありますが、全体の登録数では性別による差はほとんど見られません。

年齢階級別性別登録数(悪性リンパ腫)

 UICC治療前ステージの割合を見ますと、ステージⅣ期が最も多く約30%を占めています。

 悪性リンパ腫の治療法の主なもの抗体療法を含む薬物治療ですが、ステージのみで治療法が決まるのではなく、悪性リンパ腫の種類、年齢、全身の状態、血液検査によって検討がされます。
 悪性リンパ腫の種類や発生場所によって、注意深い経過観察や手術が行われることもあります。また、薬物治療後に造血幹細胞移植が行われる場合もあります。

UICC治療前ステージ別割合(悪性リンパ腫)

UICC治療前ステージ別 治療方法別割合(悪性リンパ腫)

 悪性リンパ腫は成熟B細胞リンパ腫が約80%を占めます。

組織型別割合(悪性リンパ腫)

  • 節電のご協力ありがとうございました
  • No Smoking
  • がんセンター外観