病院のご案内
がん診療連携拠点病院(一般の方向け)

がん診療連携拠点病院について

 全国どこでも、「質の高いがん医療」を提供することを目指して、2007年4月に施行されたがん対策基本法に基づいて、都道府県による推薦をもとに、厚生労働大臣が指定した病院です。がんに関する診療の体制や設備、情報提供、他の医療機関との連携などについて国が定めた基準を満たしています。都道府県と地域のがん診療連携拠点病院があります。

地域がん診療連携拠点病院について

 治療の地域格差をなくして、二次医療圏の医療機関の連携の中心となり、地域全体で質の高いがん対策を目指すことを目的としています。現在、全国で397病院(平成24年4月1日現在)が拠点病院に指定されています。二次医療圏とは特殊な高度医療をのぞき、入院までの医療に対応できるように、市町村を超えて設定された圏域のことです。地域の医師数や病床数を比べる際の単位ともなり、がんに関連しては、通常は二次医療圏に1か所の地域がん診療連携拠点病院が指定されます。
 要件が、診療体系や診療従事者、医療施設、研修体制、情報提供体制などについて設けられています。具体的には、化学療法や放射線治療の専門的医療、緩和ケア、集学的治療、クリティカルパス、セカンドオピニオン、医療連携、緩和ケアチーム、相談支援センターの整備などです。

都道府県がん診療連携拠点病院について

 がん診療の質の向上及び医療機関の連携協力体制の構築に関し、各都道府県の中心的な役割を担う病院です。都道府県の拠点病院は、地域の拠点病院の要件に加えてさらに次の要件があります。

  1. 主に地域がん診療連携拠点病院でがん医療に携わる医師・薬剤師・看護師等を対象とした研修を実施すること、
  2. 情報提供、症例相談及び診療支援を行うこと、
  3. 都道府県がん診療連携協議会を設置し、
     a. 地域におけるがん診療の連携協力体制等がん医療に関する情報交換
     b. 都道府県内の院内がん登録のデータの分析、評価等
     c. 都道府県レベルの研修に関する計画、診療支援を行う医師の派遣調整
     d. 地域連携クリティカルパスの作成、整備等を行うこと

 です。

神奈川県がん診療連携拠点病院について

 神奈川県では、がん診療連携拠点病院に17施設が指定されています。都道府県がん診療連携拠点病院として神奈川県立がんセンターが指定されています。また医療圏ごとに16の地域がん診療連携拠点病院が指定されており、横浜北部は横浜労災病院と昭和大学横浜市北部病院、済生会横浜市東部病院、同西部は神奈川県立がんセンターおよび横浜市立市民病院、同南部は横浜市立大学附属病院と横浜市立みなと赤十字病院、横浜市立大学附属市民総合医療センター、川崎北部は聖マリアンナ医科大学病院、同南部は川崎市立井田病院、横須賀三浦は横須賀共済病院、湘南東部は藤沢市民病院、湘南西部は東海大学医学部付属病院、県西部は小田原市立病院、相模原は相模原協同病院と北里大学病院が、県央部は大和市立病院が指定されています。くわしくは神奈川県のホームページ、またはそれぞれの病院のホームページをご覧ください。

神奈川県がん診療連携指定病院について

 2011年4月からがん診療連携拠点病院と診療体系や診療従事者、医療施設、研修体制、情報提供体制などの基準が拠点病院と同レベルの病院について神奈川県知事が独自に指定するもので、拠点病院と同様に地域連携を推進します。
 横浜南共済病院、平塚共済病院、けいゆう病院、横浜医療センター、済生会横浜市南部病院、平塚市民病院、湘南鎌倉総合病院、昭和大学藤が丘病院、新百合ヶ丘病院、相模原病院の10病院が神奈川県がん診療連携指定病院として指定されています。

                                ・A : 都道府県がん診療連携拠点病院
                                ・B : 地域がん診療連携拠点病院
                                ・C : 神奈川県がん診療連携指定病院

二次医療圏 名称
横浜北部 独立行政法人 労働者健康福祉機構 横浜労災病院(港北区)    
昭和大学横浜市北部病院(都筑区)    
恩賜財団 済生会横浜市東部病院(鶴見区)    
昭和大学藤が丘病院(青葉区)    
横浜西部 神奈川県立がんセンター(旭区)    
横浜市立市民病院(保土ヶ谷区)    
一般財団法人神奈川県警友会 けいゆう病院(西区)    
独立行政法人国立病院機構 横浜医療センター(戸塚区)    
横浜南部 公立大学法人横浜市立大学附属病院(金沢区)    
横浜市立みなと赤十字病院(中区)    
公立大学法人横浜市立大学附属市民総合医療センター(南区)    
国家公務員共済組合連合会 横浜南共済病院(金沢区)    
恩賜財団 済生会横浜市南部病院(港南区)    
川崎北部 聖マリアンナ医科大学病院(宮前区)    
医療法人社団三成会 新百合ヶ丘総合病院(麻生区)    
川崎南部 川崎市立井田病院(中原区)    
関東労災病院(中原区)    
横須賀・三浦 国家公務員共済組合連合会 横須賀共済病院(横須賀市)    
湘南鎌倉総合病院(鎌倉市)    
湘南東部 藤沢市民病院(藤沢市)    
湘南西部 東海大学医学部付属病院(伊勢原市)    
国家公務員共済組合連合会 平塚共済病院(平塚市)    
平塚市民病院(平塚市)    
県央 大和市立病院(大和市)    
相模原 北里大学病院(南区)    
神奈川県厚生農業協同組合連合会 相模原協同病院(緑区)    
独立行政法人国立病院機構 相模原病院(南区)    
県西 小田原市立病院(小田原市)    
(2016.4.1現在)

 詳しくは、厚生労働省ホームページ「がん診療連携拠点病院の整備に関する指針」(PDF)をご覧ください。

神奈川県がん診療連携協議会におけるPDCAサイクル

 医療の質を評価・改善する一方法としてPDCAサイクルがあります。
 PDCAサイクルとは、Plan(計画)→Do(実施)→Check(確認、評価)→Act(処置、対策)→Plan(計画)→・・を繰り返し行うことによって、医療サービスの向上に活用する方法です。
 がん診療においても、神奈川県内の地域がん診療連携拠点病院及び神奈川県がん診療連携指定病院を中心に、質の高い医療が受けられるように、神奈川県がん診療連携協議会内に相談支援部会、院内がん登録部会、緩和ケア部会、地域連携クリティカルパス部会の4部会を設置し、各部会において、年度毎に計画を立て、達成状況を確認し、改善策を検討しています。各部会の活動状況を協議会に報告することで、施設間の情報共有及び相互評価を行い、質の高い医療を提供できるよう努めています。

神奈川県立がんセンター キャンサーボード

 神奈川県立がんセンターでは、ひとりひとりのがん患者さんに合った適切な医療を提供するために、専門医師だけでなく、がん医療に携わる様々な医療スタッフが参加して多角的に検討するキャンサーボードを設置しています。

神奈川県立がんセンターキャンサーボード

  1. 定期キャンサーボード(臓器・分野別)
    臓器・分野別毎に、診療科の垣根を越えて、診断・治療について横断的に検討を行うために、関係診療科を中心に毎週(もしくは1~2回/月)定期的に開催しています。
  2. 臨時キャンサーボード
    定期キャンサーボード(臓器・分野別)だけでは解決困難な症例・事案について検討するため、必要に応じて随時開催します。
  3. 総合キャンサーボード
    事例検討にとどまらず講義等も含め、院内外の医療関係者を対象とし、年に数回開催します。
  • 節電のご協力ありがとうございました
  • No Smoking
  • がんセンター外観