診療科・各部門のご案内
医療技術部 薬剤科 薬剤師レジデント
業務内容 抗がん剤の調製 薬剤師レジデント 見学案内 スタッフ紹介 将来の方向性

薬剤師レジデント制度

 神奈川県立病院機構では、2018年度から薬剤師レジデント制度を導入しています。
 この制度を導入した目的や、当施設での研修内容について紹介致します。

薬剤師レジデント制度の目的

 薬剤師免許を取得した薬剤師を対象にした制度です。実践的な調剤技術を身に付けるとともに、複数の専門領域で臨床能力を駆使して他の医療従事者と協働して薬物療法を実践するために必要な知識、技能、態度の修得を目指します。各研修施設(がんセンター、足柄上病院、こども医療センター、精神医療センター、循環器呼吸器病センター)の特徴を活かし、機構全体で計2年間の研修を行います。

研修目的

 がんセンターでは下記の目標を達成するための能力・技能を育成し、薬剤師として必要な態度の修得を目指します。

  • 抗がん剤の調剤、注射剤混注業務に必要な知識・技能を修得する
  • 抗がん剤投与の中止・減量基準、支持療法(抗がん剤治療による副作用を軽減する目的で行われる予防策や治療)を含め、がん薬物療法の適正性を確認できる
  • 抗がん剤治療に応じた薬学的ケア、副作用のマネジメントができる

研修内容

 薬剤業務全般に従事します。また、指導薬剤師の指導の下、薬剤管理指導業務を行います(図1、写真1~3参照)。
 研修期間中は指導薬剤師と定期的に面談を行い、日々の進捗管理や精神的なサポートも行います。

がんセンターでの研修内容
図1)がんセンターでの研修内容
 
写真1)調剤業務研修 写真2)注射業務研修
写真1)調剤業務研修 写真2)注射業務研修
 
写真3)注射剤混注業務研修
写真3)注射剤混注業務研修
  • 節電のご協力ありがとうございました
  • No Smoking
  • がんセンター外観