診療科・各部門のご案内
外来治療室で使われる注射薬が出来上がるまで
業務内容 抗がん剤の調製 見学案内 スタッフ紹介 将来の方向性

 化学療法に使用される抗がん剤は正確かつ清潔に調剤されなければなりません。ここではその手順の一部を紹介させていただきます。

1. 医師による処方の入力

 医師がコンピューター画面に患者さんのカルテを呼び出して抗がん剤注射の処方を入力することにより、そのデータが薬局に送信されます。(医師の処方内容は 確実に薬剤科に届きます)
 現在、抗がん剤はすべてレジメン管理をしています。これにより抗がん剤の過量投与を防ぐことができます。

2. 注射薬自動払出システムでの注射薬の払い出し準備

 医師が処方したデータは注射薬自動払出システムを通して注射箋・薬品・薬品ラベルとともに患者毎のトレーへセットされます。

注射薬自動払出システム

3. 必要な薬品の取り揃え

 注射薬自動払出システムでは取り揃えができない薬品を取り揃え、患者毎にトレーへセットします。

薬品の取り揃え

4. 患者さん毎に薬品を再確認

 取り揃えた薬品を注射箋に基づいて、薬剤師が使用量・使用順序・使用時間・配合変化など様々な項目について念入りに確認を行います。
 また、必ず別の薬剤師が間違えのないよう、再度確認を行います。
 正確を期するため、二重のチェックが行なわれます。

薬品を再確認

5. 注射薬カートでの搬送

 患者さん毎のトレーをまとめて薬局のミキシング室へ搬送します。

注射薬カート

6. 注射薬(抗がん剤)の混合・調製前の鑑査

 医師から抗がん剤の実施の許可が出た方から順に、抗がん剤の投与量に間違いはないか、血液検査の結果から安全に抗がん剤が投与可能かを確認します。
 問題がある場合は医師へ必ず確認を行なっています。

注射薬(抗がん剤)の混合・調製前の鑑査

7. 注射薬(抗がん剤)の混合・調製作業

 バイオハザードクリーンベンチに向かって作業中。
 注射製剤室内の特殊な設備(バイオハザードクリーンベンチ)を使い、防塵衣・無塵帽・マスク・防護めがね・二重ゴム手袋を着用し、注射薬を混合・調製します。薬品によっては、取り扱いに危険を伴うものや混合・調製に時間が掛かる(60分程度)ものもあります。

注射薬(抗がん剤)の混合・調製作業

8. 計り取った注射薬(抗がん剤)の鑑査

 計り取った薬液は、患者氏名・計り取った薬液の量や空バイアル・混注する点滴ボトルやバッグに間違いが無いか、混注前に必ず別の薬剤師に確認をしてもらいます。

注射薬(抗がん剤)の鑑査

9. 最後にもう一度確認

 混注し終えた薬剤は抗がん剤による被曝を防ぐため、ビニール袋に入れて払い出されます。
 払い出す前にもう一度、患者氏名に間違いがないか、コアリング(注射針により削り取られたゴム栓が点滴内に混入すること)はしていないか、点滴は全て揃っているかをもう一度確認します。

最後にもう一度確認

10. 出来上がった注射薬を外来治療室へ

 出来上がった薬剤は専用エレベーターで外来化療室へ搬送します。(外来化療室へはすぐに到着します)

注射薬を外来治療室へ

 がんセンターでは、一人ひとりの患者さんにあわせた薬剤の調製を薬剤師が正確・清潔に心をこめて行っています。
 混雑時にはお待たせする場合がありますが、どうかご理解くださいますよう御願いいたします。

  • 節電のご協力ありがとうございました
  • No Smoking
  • がんセンター外観