診療科・各部門のご案内
緩和ケア内科

特色

 緩和医療と聞くと、『最期を迎えるところ』『検査・治療など何もしないところ』と思われる方がおられるかもしれませんが、緩和医療の目的は『痛みなどの辛い症状を取ること』にあります。現時点では、抗がん剤の使用などがんに対する積極的な治療はしておりません。しかし、症状が穏やかになると、外泊ができたり、旅行を楽しんだり、ご家族と一緒に過ごすこともできます。治療方法や必要な検査についてはその都度ご本人、ご家族に相談し、皆様の希望を優先しております。使用するさまざまな薬の効果は常に評価が繰り返され、その方に適したオーダーメイドの治療を提供しております。また、日頃介護疲れが続いているご家族の皆様には、少しでも身体や気持ちがリラックスできるようスタッフがお手伝いさせていただきます。
 神奈川県で唯一のがん専門病院の中にある緩和ケア病棟です。生活の工夫や治療内容や検査など皆様の細かなご心配に関して、いつでも緩和医療医、治療医に相談することができ、偏りのない医療を目指しております。

治療成績

 残念ながら、病気が完治して退院される方はおられません。在宅療養に移行するまでに症状コントロールすることを希望される方、ご自宅での生活に不安を感じて入院される方が対象です。
 したがって、患者さんやご家族の皆さんのご意見が私たちの治療評価のすべてです。これまで、スタッフへの感謝と励ましのお手紙をたくさん戴いており、大変ありがたく、また今後のケアの向上に向けて勉強させていただいております。

スタッフ紹介

診療医師名 認定資格
緩和ケア内科部長
 太田 周平
 信州大学医学部 平成4年卒
日本麻酔科学会 麻酔科専門医・指導医
日本緩和医療学会 暫定指導医・専門医
日本ペインクリニック学会 ペインクリニック専門医
緩和ケア内科医長
 田村 文彦
 埼玉医科大学 昭和54年卒
 埼玉医科大学大学院 昭和62年修
日本外科学会 認定登録医

(更新日:2016.4.1)

  • 節電のご協力ありがとうございました
  • No Smoking
  • がんセンター外観