診療科・各部門のご案内
医療技術部 検査科
ご挨拶 外来採血について 検査データの基準範囲 生理機能検査を受けられる方へ 部門紹介

病理検査室

 病理検査室は病理組織学的診断(生検組織診断、手術標本組織診断、手術中の迅速診断)、細胞診診断及び病理解剖が主な業務で、病理診断科医師と臨床検査技師の連携で成り立っています。
 新病院になり、手術室、内視鏡室の増加に伴い組織診断検査や術中迅速診断が増えています。

業務内容

  • 細胞診診断
     採取した細胞にがん細胞が無いかを調べます。主な対象検体は、子宮頚部、体部の婦人科検体、乳腺、甲状腺、唾液腺、リンパ節などの穿刺吸引検体、尿、痰、体腔液などです。標本作製から1次スクリーニングまでを臨床検査技師が行っています。
  • 病理組織診断
     組織片や臓器を検索し、病変の有無や種類を診断します。診断は病理診断科が、固定、包埋、薄切、染色などの標本作製は臨床検査技師が行っています。内視鏡や穿刺吸引、外来で採取される小さな組織片(生検材料)から、手術室で採取される臓器(手術検体)まで様々なものが対象となります。生検検体では良悪の診断が主ですが、手術材料では腫瘍の大きさ、悪性度、転移の有無などが判定され、病期を決定するうえで重要とされています。
  • コンパニオン診断
     コンパニオン診断とは、個別化医療として医薬品の効果や副作用を投与前に予測するために行われる臨床検査のことです。今後、個別化医療が進む領域として、たとえばエストロゲン受容体・プロゲステロン受容体(乳癌)、Her2タンパク(胃癌、乳癌)、EGFRタンパク(大腸癌)、ALKやPDL-1(肺癌)、などで、これらの免疫染色検査が増加すると予想されます。臨床検査技師は免疫染色やin situ hybridization法を含む標本作製に携わっています。
  • 手術中の迅速診断
     手術中に組織の一部を切り取って病理診断を行います。主に病巣が採り切れているか、転移の有無等を調べます。標本作製が難しく、技師の熟練が必要とされます。
  • 病理解剖
     ご遺族の了承のもとに、ご遺体の解剖を行います。病理解剖により生前の診断や治療の正当性、治療効果の有効性などを調べます。

主な設備

換気設備の整った切り出し室 ホルマリン固定装置
換気設備の整った切り出し室
ホルマリン等の有害物質の排気が可能となり、
安心して切り出し作業が行えます。
ホルマリン固定装置
臓器のホルマリン固定を行います。
密閉式で作業環境がよくなりました。

 

自動包埋装置 自動染色封入装置
自動包埋装置
切出した組織片を自動で脱水、脱脂、
パラフィン浸透させるための機械です。
自動染色封入装置
病理診断の基本となるヘマトキシリン-エオジン染色や、
パパニコロウ染色及び封入を自動でおこないます。

 

自動免疫染色装置
自動免疫染色装置
免疫染色を前処理も含め自動で行います。
  • 節電のご協力ありがとうございました
  • No Smoking
  • がんセンター外観