診療科・各部門のご案内
放射線治療部
特色 診療内容 診療実績 スタッフ紹介 放射線治療機器

 放射線腫瘍科では、各臓器別診療科と連携しながら、ほぼすべてのがんに対して放射線治療を行っています。放射線治療は、治癒をめざして抗がん剤や手術と組み合わせる場合や放射線治療のみで治療する場合があります。また、症状を緩和する目的でも、多く用いられています。
 放射線治療の方法としては、リニアック4台による外部照射や子宮がんに対する三次元腔内照射、アイソトープを用いた内用療法などを行っています。平成27年度には重粒子線治療を開始します。がんセンター併設型の重粒子線治療施設は、世界で唯一となります。

(1)重粒子線治療施設 「i-ROCK」のホームページへ

 私たちは、平成27年度に重粒子線治療を開始します。がんの治癒をめざすための大きな力となります。前立腺がんの患者さんから重粒子線治療を開始する予定です。初診の方法などは、なるべく早くご案内します。高精度X線治療と重粒子線治療を合わせて放射線腫瘍センターとして機能することで、個々の患者さんに最も適した放射線治療を提供します。

(2)各臓器別診療科とのチーム医療

 がんを治すには、手術・抗がん剤とうまく組み合わせた、個々の患者さんに最も適した集学的治療が必要です。各診療科とのキャンサーボードで、十分に討論して患者さんの治療方針を検討しています。今後は、重粒子線治療も集学的治療として用いる予定です。

(3)あらゆる放射線治療

 高精度放射線治療や三次元腔内照射、アイソトープを用いた内用療法など、あらゆる放射線治療を実施しています。

(4)安心を提供する放射線治療チーム

 放射線治療の技術的進歩に伴い、放射線治療が高精度になればなるほど、機器の管理や品質保証はとても重要になってきています。当院では、品質管理士2名が常勤として勤務しています。また、放射線腫瘍医(放射線治療専門医)や放射線治療専門技師、医学物理士など、放射線治療を専門とするエキスパートが数多く働いています。看護師や事務員も含めて放射線治療チームとして、日々カンファレンスを行い、患者さんが安心して放射線治療を受けることができるように努めています。

放射線治療関連の有資格者

 放射線治療専門医:中山優子、野中哲生、野宮琢磨、溝口信貴
 放射線専門医:萩原靖倫
 医学物理士:蓑原伸一(物理工学科)、草野陽介(物理工学科)、黒岡将彦、吉野慎一、
          楠 輝文、塩入憲二、前鼻 航、平井紗由里、河合大輔、秋田峻吾
 品質管理士:井手紳介、村田智津、高橋 友、塩入憲二、鴇矢祐治
 放射線治療専門技師:井手紳介、村田智津、高橋 友、吉野慎一、楠 輝文、鴇矢祐治

放射線腫瘍科スタッフ

  • 節電のご協力ありがとうございました
  • No Smoking
  • がんセンター外観