診療科・各部門のご案内
がんゲノム診療科2020年6月更新

がんのゲノム診療

 がんのゲノム診療には、個々のがん患者さんの遺伝子異常に基づく「個別化治療」と遺伝的にがんになりやすい方への「個別化予防」とがあり、2019年4月に新設されたがんゲノム診療科では、「個別化治療」を対象としています。再発・進行がんには抗癌剤による治療が行われますが、がんに関する多くの遺伝子(がんゲノム)を調べることにより、特定の分子標的治療薬などへの感受性を判定することが可能になりました。当院では、がんゲノム医療拠点病院として、質の高いがんゲノム医療提供体制の構築のため、「がんゲノム診療センター」を開設し、新たに採取されたがん組織、あるいは過去に手術などで採取したがん組織からがんゲノムを解析し、がんゲノム診断・治療検討室が主宰する「エキスパートパネル」で検討することにより、標準治療がない、若しくは既に終えた患者さんに対して、有望な治療薬の情報提供と治療薬提供までのルートをご案内します。がんゲノム診療科では、エキスパートパネルの運営とがんゲノム個別化治療に関するご相談に応じます。

遺伝子パネル検査

 がん遺伝子パネル検査とは、数百種類のがんに関わる遺伝子について、がん組織での異常を一度に調べ、その遺伝子異常に対応した治療薬(主に分子標的薬)を探すための検査です。
 当院は、がんゲノム医療を提供する機能を有するとして「がんゲノム医療拠点病院」に指定されています。保険適応となったがん遺伝子パネル検査を当院で実施しています。
 現在、下記の2つのがん遺伝子パネル検査が保険適応となっています。なお、自費でのがん遺伝子パネル検査は実施しておりません。

  • OncoGuide™ NCCオンコパネル
     がんに関連した114遺伝子を、がん組織と血液の両方で調べます。
     血液検査で遺伝性腫瘍に関連した遺伝子の異常が分かることがあります。
  • FoundationOne™ CDxがんゲノムプロファイル
     がんに関連した324遺伝子を調べます。がん組織の検査のみで血液検査は必要ありません。

対象となる方

 下記いずれかの診断を受けた方

  • 標準治療で効果がなく、次の治療を捜している固形がんの方
  • 原発不明がん(がんの発生臓器がはっきりせず、転移巣だけが大きくなったがん)の方
  • 標準的な治療法が確立されていない希少がん(患者数が少なく稀ながん)の方
  • 全身状態、臓器の機能などから、本検査実施後に検査結果をもとに化学療法が実施できると主治医が判断した方

診療実績

 当院では、2019年8月から遺伝子パネル検査を実施しております。
 2019年9月にはがんゲノム拠点病院に指定され、12月から自施設内でエキスパートパネルを開催し、解析結果レポートを作成しています。
 下図は、2019年8月~2020年3月末までに当院で実施された検査数と内訳を示しています。

遺伝子パネル検査累積実施数

伝子パネル検査累積実施数

月別実施数

月別実施数

癌腫別内訳

癌腫別内訳

受診方法

 神奈川県立がんセンター・がんゲノム診療科は、医療機関からのFAX申込みによる紹介予約制となります。
 大変申し訳ありませんが、患者さんからの予約申込は受け付けておりません。
 詳細はがんゲノム診療センターのページをご参照ください。

スタッフ紹介(2020.9.14現在)

診療医師名 認定資格
廣島 幸彦がんゲノム診療科医長
(兼)腫瘍内科医長
(兼)臨床研究所がん治療学部ユニット長
 廣島 幸彦
 浜松医科大学医学部
  平成15年卒
 横浜市立大学大学院
  平成25年修了
日本外科学会 外科専門医
日本消化器外科学会 消化器外科専門医
日本消化器外科学会 消化器がん治療認定医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
米国癌学会(AACR)Active member
米国癌治療学会(ASCO)Active member

診療科別特設ウェブサイト

  • 節電のご協力ありがとうございました
  • No Smoking
  • がんセンター外観